警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-460でPC/104接続Ethernetボード(梅沢無線電機 HT3060)を使用する

対象製品: Armadillo-460

梅沢無線電機 HT3060 Ethernet 10BASE-Tボードを、Armadillo-460と組み合わせて使用する方法を説明します。HT3060の詳しい情報は、メーカーWebサイトをご覧ください。

本Howtoでのおおまかな手順は以下のようになります。

  1. 事前準備
  2. HT3060対応Linuxカーネルを作成
  3. 動作確認

本Howtoで使用するソフトウェアは以下の通りです。

本Howtoで作成するカーネルイメージは、こちらからダウンロードすることができます。

1.55 MB

1. 事前準備

1.1. HT3060のジャンパー設定を行う

本Howtoでは、メーカー出荷設定のまま利用します。 変更されている場合は、下記の設定に戻してください。

設定ショートオープン(NC)
表記10
  • JP1 (JP LESS MODE, IRQ = 5, IO BASE = 0x300)
JPPNPBSIOSIRQS
432103210210
 設定 00000000000000

2. HT3060対応Linuxカーネルを作成

2.1. カーネルのソースコードを展開してパッチを適用する


[atde3]$ wget http://download.atmark-techno.com/armadillo-460/source/kernel/linux-2.6.26-at15.tar.gz
[atde3]$ wget http://download.atmark-techno.com/armadillo-460/sample/linux-a460-ht3060.patch
[atde3]$ tar zxvf linux-2.6.26-at15.tar.gz
[atde3]$ cd linux-2.6.26-at
[atde3]$ patch -p1 < ../linux-a460-ht3060.patch

2.2. ビルド

Armadillo-460 + HT3060用のカーネルイメージを作成します。 前項で適用したパッチには、armadillo460_ht3060_defconfigが含まれているので、 それを用いて設定を行います。


[atde3]$ make armadillo460_ht3060_defconfig
[atde3]$ make CROSS_COMPILE=arm-linux-gnueabi-
      :(ビルドには数分かかります)
[atde3]$ gzip -c arch/arm/boot/Image > linux.bin.gz

ソフトウェアマニュアルを参照し、新しい Linux カーネルイメージ(linux.bin.gz)を Armadillo-460 に書き込んでください。

3. 動作確認

作成したLinuxカーネルイメージを書き込み後、再起動してください。 起動ログには、以下のようにHT3060を認識したことが表示されます。


ne.c:v1.10 9/23/94 Donald Becker (becker@scyld.com)
Last modified Nov 1, 2000 by Paul Gortmaker
NE*000 ethercard probe at 0xf2000300:[8BIT]:00:04:14:xx:xx:xx
eth1: NE2000 found at 0xf2000300, using IRQ 197.

ログインして、”ifconfig -a”を行うと”eth1”インターフェースが追加されていると思います。


[root@armadillo460-0 (ttymxc1) ~]# ifconfig -a
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:11:0C:xx:xx:xx
          inet addr:172.16.1.123  Bcast:172.16.255.255  Mask:255.255.0.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:30 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:17 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:4063 (3.9 KiB)  TX bytes:5403 (5.2 KiB)
          Base address:0xa000

eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:04:14:xx:xx:xx
          BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)
          Interrupt:197 Base address:0x300

lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)

DHCPクライアントなどでIPアドレスを設定すると通信することが出来るようになります。


[root@armadillo460-0 (ttymxc1) ~]# udhcpc -i eth1
udhcpc (v0.9.9-pre) started
Sending discover...
Sending select for 172.16.2.205...
Lease of 172.16.2.205 obtained, lease time 86400
注) eth0, eth1を同時にアクティブにして動作を確認する場合は、default gatewayは1つのみになるように設定してください。

[root@armadillo460-0 (ttymxc1) ~]# route del default eth0  (※default gatewayを削除)
[root@armadillo460-0 (ttymxc1) ~]# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
169.254.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U     99     0        0 eth1
169.254.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U     99     0        0 eth0
172.16.0.0      0.0.0.0         255.255.0.0     U     0      0        0 eth0
172.16.0.0      0.0.0.0         255.255.0.0     U     0      0        0 eth1
0.0.0.0         172.16.0.1      0.0.0.0         UG    0      0        0 eth1