警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-810を接続して使用するためのWindows環境設定

対象製品: Armadillo-810

Armadillo-810(開発セット標準イメージ※1)をWindows※2 PCにUSBケーブル接続すると、Windowsからは複数のUSBデバイスとして認識されます。

これはArmadillo-810の「USBガジェット」機能によるものですが、実際に使用するにはWindows側のデバイスドライバー設定が必要ですので、その手順を紹介します。

※1 出荷状態搭載イメージ、及びダウンロードに置かれているイメージファイル(Linuxカーネルとユーザーランド)に相当。
※2 Microsoft Windows XP/7/8で、動作確認しています。

1. Windowsデバイスドライバーの準備

各USBデバイスに対応したWindowsデバイスドライバーの設定に必要な.infファイルを準備します。

Windowsに初期認識されるデバイス名 .infファイル .infファイル適用後のデバイス名
USB Composite Device 不要 USB Composite Device
RNDIS/Ethernet Gadget linux.inf Linux USB Ethernet/RNDIS Gadget
UVC Camera 不要 UVC Camera
CDC Serial linux-cdc-acm.inf Gadget Serial

リンクされている.infファイル※3を、Armadillo-810を接続するWindows PCでダウンロードしてください。

必ず拡張子「.inf」である必要があります。ブラウザの右クリックから「名前を付けてリンク先を保存」するなどして、正しいファイル名でダウンロードしてください。

※3 Linuxカーネルソースの Documentation/usb ディレクトリにも、同じ.infファイルが含まれています。

2. Armadillo-810の接続と起動

Armadillo-810をPCに接続します。下記は、カメラモデル開発キットで拡張ボード01(Aコネクタ用)を接続済みの場合の例です。

拡張ボード01を接続している場合、ジャンパは全てオープン(ジャンパソケットを接続していない状態)にします。 開発用USBシリアル変換アダプタのスライドスイッチは、次のように設定します。

Armadillo-810の接続手順や設定方法は、製品マニュアルに記載されています。マニュアル記載の注意事項には、必ず従ってください。

3. .infファイルの適用

Armadillo-810のLinuxを起動すると、Windowsにデバイスが自動認識され「デバイスドライバ―をインストールしています」と表示されます。しかし、初回接続の場合「RNDIS/Ethernet Gadget」と「CDC Serial」のデバイスドライバ―は見つかりません。ここで、先に用意した「.infファイル」を適用する必要があります。

デバイスマネージャーに表示された「!」マークがついた状態の各デバイスに、.infファイルを適用する手順は以下の通りです。

  1. 「RNDIS/Ethernet Gadget」または「CDC Serial」を右クリックし、「ドライバー ソフトウェアの更新」を選択
  2. 「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」を選択
  3. 「参照」ボタンをクリックし、.infファイルのあるディレクトリを選択
  4. 「次へ」ボタンをクリック
  5. 「閉じる」ボタンをクリック

「Windowsセキュリティ」により署名のないドライバーと判定されると、「ドライバー ソフトウェアの発行元を検証できません」といったメッセージダイアログが表示されます。使用するためには、「このドライバー ソフトウェアをインストールします」を選択してください。

Windows 8では、署名のないドライバーのインストールができません。Windowsのスタートアップ設定 (Microsoft社サイトWindowsヘルプ)を参照して、「ドライバー署名の強制」を無効にしてから.infファイルの適用を行ってください。

これで、Windows上から各USBデバイスを使用することができます。

4. 動作確認

それぞれのデバイスの動作を確認します。

UVCガジェット (UVC Cameraデバイス)

PCにインストールされているカメラ表示(ビデオキャプチャ)アプリケーションで、Armadillo-810のカメラ画像を表示できます。

Windows XPでは、エクスプローラーの「マイ コンピュータ」にある「USBビデオ デバイス」からカメラ表示可能です。

Windows 7/8にも対応したフリーウェアとしては、YAWCAMなどがあります。

シリアルガジェット (Gadget Serial)

Gadget SerialのCOM番号を確認(デバイスマネージャーの「ポート(COMとLPT)」下にある名称で確認できます)し、このポートにシリアル接続ターミナル(Tera Termなど)から接続します。

Armadillo-810シリアルポートのコマンドプロンプトから、以下のように実行します。

[armadillo ~]# echo ::respawn:/sbin/getty -L 115200 ttyGS0 >> /etc/inittab
[armadillo ~]# kill -SIGHUP 1

すると、シリアルガジェット側のターミナルにログインプロンプトが表示されます。

atmark-dist v1.31.0 (AtmarkTechno/Armadillo-810)
Linux 3.4-at1 [armv7l arch]

armadillo810-0 login: 

新たなプロンプトからは、「guest」ユーザーでログインできます。

イーサネットガジェット (Linux USB Ethernet/RNDIS Gadget)

イーサネットガジェットにより追加されたネットワークポートは、Windowsの持つ「自動プライベートIPアドレス指定(APIPA)」機能により、自動的にIP設定されます。

[armadillo ~]# ping 169.254.185.149
PING 169.254.185.149 (169.254.185.149): 56 data bytes                           
64 bytes from 169.254.185.149: icmp_seq=0 ttl=128 time=2.0 ms                   

Windowsがpingに応答しない場合、ファイアーウォールの設定を確認してping応答を許可するように設定してください。

Windowsの持つ「インターネット接続の共有」により、ネットワークポートにDHCPサーバー機能を持たせることが可能ですが、Armadillo-810のユーザーランドイメージv1.02まででDHCPによるIP取得が失敗する問題がありました。v1.03(atmark-dist-20130704)以降でDHCPクライアントのタイムアウト時間設定が変更されており、問題は解消しています。