警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : ルータとしてのセットアップ(1)

対象製品: Armadillo-9

ルーターとして使用する方法を例に沿って説明します。例として取り上げるネットワーク環境は、グローバルなIPアドレスをDHCPで取得する環境です。

ここではルーティングの機能だけを記載し、DHCPサーバやNATなどは別途説明します。

1. Ethernetポートの追加

Armadillo-9には1つしかEthernetのポートがないため、もう一つポートを用意する必要があります。CFタイプのものもありますがCFカードを使用したいので、この例ではUSBタイプのものを用意しました。

用意したアダプタは I/O DATAのUSB-ET/TX-Sです。カーネルを再コンパイルしてこのアダプタを利用可能にします。また、NATも有効にしておきます。make menuconfigでカーネルの設定を選択し、


USB Support --->
< > USB Pegasus/Pegasus-II based ethernet device suport
...
Networking options --->
IP: Netfilter Configuration --->
< > Connection tracking (required for masp/NAT)
< > FTP protocol support
...
< > Connection state match support
...
< > FULL NAT
< > MASQUERADE target support

以上を選択してからカーネルを再コンパイルし、Flashメモリを書換えてください

2. Debianの準備

Debianが準備されていない場合は、Debianのセットアップを行ってください。 また、インターネットに接続できる状態にして下さい。

ディスプレイとUSB LANアダプタを接続してArmadillo-9を起動後、最初に日本語を表示できるようにします。


[armadillo ~]# apt-get update
[armadillo ~]# apt-get install xfonts-base
[armadillo ~]# jfbterm

USB LANアダプタが正しく利用できるかログで確認します。/var/log/messageを開き以下のような記述があれば大丈夫です。


pegasus.c: eth1: IO DATA USB ET/TX-S
pegasus.c: setup Pegasus II specific registers

3. Networkの設定

USB LANアダプタをグローバルネットワーク側、オンボードのLANをローカルネットワーク側に割り当てます。
/etc/network/interfaces を以下のように編集します。


[armadillo ~]# loopback
auto lo
iface lo inet loopback
[armadillo ~]# local network
auto eth0
iface eth0 inet static
   address 192.168.10.1
   netmask 255.255.255.0
[armadillo ~]# global network
auto eth1
iface eth1 inet dhcp

ルーティングを有効にするため /etc/network/option を以下のように編集します


ip_forward=yes

以下のコマンドを実行するとネットワークの設定が変わり、ルーティングが行われるようになります。


[armadillo ~]# /etc/init.d/networking restart