警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : X Window Systemのセットアップ

対象製品: Armadillo-9

本 Howto では、Armadillo-9 に X Window System をセットアップし、Web ブラウザを起動するまでの方法を紹介します。

おおまかな手順は以下のようになります。

  1. Debianの準備
  2. X Window System のインストール
  3. X Window System の起動
  4. X アプリケーションのインストールと実行

Armadillo-440 液晶モデルで X Window System を使用する方法については「Howto: Armadillo-440 液晶モデル を使用して Debian 上で X.org を使ってみる」をご覧ください。

1. Debianの準備

Debianが準備されていない場合は、最初にDebianのセットアップを行ってください。 また、インターネットに接続できるようにネットワークを設定してください。

2. X Window System のインストール

ディスプレイに接続してArmadillo-9を起動後、最初に日本語を表示できるようにします。


[armadillo ~]# apt-get update
[armadillo ~]# apt-get install xfonts-base
[armadillo ~]# apt-get install jfbterm

次にX Window Systemをインストールします。


[armadillo ~]# apt-get install x-window-system-core

x-window-system-coreのインストール中、キーボードやマウス、ディスプレイの 設定について質問されますが、sargeとetchで内容が異なります。

sargeの場合、インストール中にいろいろ質問されますが、ほとんどはそのままreturnを押せばよいです。 変更したほうが良い部分は、

  • キーボードモデルの選択 : pc106(使用しているキーボードによります)
  • キーボードレイアウト : jp(使用しているキーボードによります)
  • マウスポートの選択 : /dev/input/mice
  • 解像度 : 640 x 480 だけ選択
  • 色の深度のビット数 : 16bit

ぐらいです。

etchの場合、解像度以外は自動で設定されますので、

  • 解像度 : 640 x 480 だけ選択

とした後、viで以下の修正を行ってください。


[armadillo ~]# vi /etc/X11/xorg.conf
..
Section "Module"
..
        #Load   "glx"  # <--- コメントアウト
..

Section "Screen"
..
        DefaultDepth    16   # <--- depthを16bitに変更

※解像度や色の深度を変更したい場合は 解像度と色深度の変更 を参照してください。

3. X Window System の起動

X Window Systemを起動します。


[armadillo ~]# startx

しばらくしても何も画面上に表示されない場合や、ずれなどがある場合「Ctrl」+「Alt」+「Back space」とキー操作をしてX Window Systemを終了させたあと、下記設定ファイルの"Monitor"セクションを編集し周波数を適切に変更して下さい。

  • sarge: /etc/X11/XF86Config-4
  • etch: /etc/X11/xorg.conf

そして、編集を保存後に再度startxを実行してみてください。

4. X アプリケーションのインストールと実行

ウィンドウマネージャとしてWindowMakerを、またブラウザとしてFirefoxをインストールして実行してみます。このさいに日本語表示のためTrueTypeFontのインストールも行います。


[armadillo ~]# apt-get install wmaker
[armadillo ~]# apt-get install ttf-sazanami-gothic
[armadillo ~]# apt-get install mozilla-firefox-locale-ja
[armadillo ~]# startx

WindowMaker がマネージャとして起動すると思います。マウスを右クリックして"Mozilla Firefox"を選択すると、しばらくしてブラウザが起動します。

Firefox だとちょっと重い場合 chimera2 などをインストールすれば、より快適に使用できるでしょう。