警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : AVコーデックミドルウェアを無効にしてメモリを全てLinuxに割り当てる

対象製品: Armadillo-840Armadillo-810

Armadillo-800シリーズではAVコーデックミドルウェア (ACM)を使用するために、システムメモリ 512MB または 1GB のうち 128MB をACM専用のワーキングメモリとして割り当てる必要があります。そのため、デフォルト1でLinuxカーネルが管理するメモリを384MB(Armadillo-840 1GB版の場合は 896MB)に制限しています。

ACMを使わない場合は、Linuxカーネルに全てのメモリを割り当てる事ができます。ACM用にメモリが確保されていない状態でACMを動作させると予期せぬ動作をしますので、かならず ACM が動作しないようにしてください。

この Howtoでは、ACMを停止させて、メモリを全てLinuxカーネルに管理させる方法を紹介します。

Armadillo-840 1GB版の場合は linux-3.4-at16 以降をご使用ください。 linux-3.4-at15 以前では、以下の様なログで起動に失敗します。

    ........................done.
    Doing console=ttySC2,115200
    Doing mem=1G
    rebooted by watchdog timedout.
    Hermit-At v3.7.0 (Armadillo-840/nor) compiled at 22:04:20, Sep 28 2015
    hermit>
    

標準イメージを使用する場合

下記の順序で、/etc/config/rc.localの変更後に、カーネルパラメーターを変更してください。

  1. /etc/config/rc.local で ACMを有効化しないよう変更する

    Armadillo-810 製品マニュアル、あるいはArmadillo-840 製品マニュアルの「9.1.4. /etc/config/rc.local」を参照し、/etc/config/rc.local 内の ACM_CODEC 変数に none を代入してください。 必ず、/etc/config/rc.local を変更した後は、flatfsd を使用して変更を保存してください。

    
    [armadillo ~]# flatfsd -s
    
  2. HermitでLinuxカーネルパラメーターにmem=512M (1GB版の場合 mem=1G)を追加する

    • rootfsがflashにある場合

      
        hermit> setenv console=ttySC2,115200 mem=512M
        hermit> setenv console=ttySC2,115200 mem=1G --(1GB版の場合)
        
    • rootfsがSDカードにある場合

      
        hermit> setenv console=ttySC2,115200 mem=512M root=/dev/mmcblk0p2 rootwait noinitrd
        hermit> setenv console=ttySC2,115200 mem=1G root=/dev/mmcblk0p2 rootwait noinitrd  --(1GB版の場合)
        

  1. AVコーデックミドルウェアドライバが追加されたlinux-3.4-at6以降