警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-IoT(3Gモジュール:MC8090)の3G LEDを制御する

対象製品: Armadillo-IoT G1/G2

「Armadillo-IoT ゲートウェイ スタンダードモデル開発セット」のLED1(3G LED)を制御する方法を紹介します。

LED1は3Gモジュール「Sierra Wireless製 MC8090」(※以降3Gモジュールと記載)に接続されており、 通信状態や動作モードに応じた点灯・消灯・点滅パターンを設定することができます。

LED1は、本体の以下の位置に実装されています。

3Gモジュール LED制御機能の有効化

初期出荷状態では、3GモジュールのLED制御機能が無効になっています。 次に示す手順に従って有効化してください。

tipコマンドを実行して、/dev/ttyUSB3に接続します。ボーレートは115200bpsです。


[armadillo ~]# tip -l /dev/ttyUSB3 -s 115200
Connected.

この機能はロックされているので、ENTERCNDコマンドでパスワードを入力します。
※下記例におけるパスワードは、出荷時のものです。


AT!ENTERCND="A710"
OK

WHCNFコマンドで、LED制御機能を有効にします。


AT+WHCNF=1,1
OK
ATコマンドによって変更した機能設定は、Armadillo-IoTの電源を切断しても保持されます。


tipを終了するため、チルダ「~」に続けてドット「.」を入力します。


Disconnected.
[armadillo ~]#
`tip`終了のために入力するチルダ「~」とドット「.」は、ターミナル上に表示されません。


設定を有効にするには、3Gモジュールを再起動する必要があります。 GPIO sysfsを使用して再起動します。


[armadillo]# echo 0 > /sys/class/gpio/RESET_N_3G/value
usb 1-1: USB disconnect, address 3
sierra ttyUSB0: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB0
sierra 1-1:1.0: device disconnected
sierra ttyUSB1: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB1
sierra 1-1:1.1: device disconnected
sierra ttyUSB2: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB2
sierra 1-1:1.2: device disconnected
sierra ttyUSB3: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB3
sierra 1-1:1.3: device disconnected
sierra ttyUSB4: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB4
sierra 1-1:1.4: device disconnected
usb0: unregister 'sierra_net' usb-fsl-ehci.0-1, Sierra Wireless USB-Ethernet Modem

[armadillo]# echo 1 > /sys/class/gpio/RESET_N_3G/value
usb 1-1: new full speed USB device using fsl-ehci and address 4
usb 1-1: not running at top speed; connect to a high speed hub
usb 1-1: config 1 has an invalid interface number: 7 but max is 5
usb 1-1: config 1 has no interface number 5
usb 1-1: configuration #1 chosen from 1 choice
sierra 1-1:1.0: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB0
sierra 1-1:1.1: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB1
sierra 1-1:1.2: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB2
sierra 1-1:1.3: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB3
sierra 1-1:1.4: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB4
usb0: register 'sierra_net' at usb-fsl-ehci.0-1, Sierra Wireless USB-Ethernet Modem, 52:ce:16:5c:03:07

点灯・消灯・点滅パターン設定

点灯・消灯・点滅パターン設定値の確認、変更を行う手順を次に示します。

tipコマンドを実行して、/dev/ttyUSB3に接続します。ボーレートは115200bps です。


[armadillo ~]# tip -l /dev/ttyUSB3 -s 115200
Connected.

ENTERCNDコマンドでパスワードを入力します。


AT!ENTERCND="A710"
OK

LEDCTRLコマンドで現在の設定値を確認します。


AT!LEDCTRL?
0:0,0,0
1:52,50,0
2:0,1,0
3:5,4,0
4:20,10,0
5:5,4,0

OK 

設定値は、[index]:[period],[ontime],[invert] のフォーマットで表示されます。
各パラメーターの説明を、以下に示します。

  • index: 3Gモジュールの状態
  • period: 周期(単位100msec)
  • ontime: 点灯時間(単位100msec)
  • invert: on/off反転

パラメーターの詳細については、「AirPrime MC/SL-Series (UMTS/LTE) Extended AT Command Reference」LEDCTRLコマンドを参照してください。

LEDCTRLコマンドで設定値を変更します。
例として、機内モードのとき1.5秒周期で点滅を繰り返すようにします。


AT!LEDCTRL=4,30,15,0
OK 


tipを終了するため、チルダ「~」に続けてドット「.」を入力します。


Disconnected.
[armadillo ~]#


GPIO sysfsを使用して、3Gモジュールを再起動します。


[armadillo]# echo 0 > /sys/class/gpio/RESET_N_3G/value
usb 1-1: USB disconnect, address 3
sierra ttyUSB0: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB0
sierra 1-1:1.0: device disconnected
sierra ttyUSB1: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB1
sierra 1-1:1.1: device disconnected
sierra ttyUSB2: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB2
sierra 1-1:1.2: device disconnected
sierra ttyUSB3: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB3
sierra 1-1:1.3: device disconnected
sierra ttyUSB4: Sierra USB modem converter now disconnected from ttyUSB4
sierra 1-1:1.4: device disconnected
usb0: unregister 'sierra_net' usb-fsl-ehci.0-1, Sierra Wireless USB-Ethernet Modem

[armadillo]# echo 1 > /sys/class/gpio/RESET_N_3G/value
usb 1-1: new full speed USB device using fsl-ehci and address 4
usb 1-1: not running at top speed; connect to a high speed hub
usb 1-1: config 1 has an invalid interface number: 7 but max is 5
usb 1-1: config 1 has no interface number 5
usb 1-1: configuration #1 chosen from 1 choice
sierra 1-1:1.0: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB0
sierra 1-1:1.1: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB1
sierra 1-1:1.2: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB2
sierra 1-1:1.3: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB3
sierra 1-1:1.4: Sierra USB modem converter detected
usb 1-1: Sierra USB modem converter now attached to ttyUSB4
usb0: register 'sierra_net' at usb-fsl-ehci.0-1, Sierra Wireless USB-Ethernet Modem, 52:ce:16:5c:03:07

設定の確認を行うために、GPIO sysfsを使用して3Gモジュールを機内モードに設定します。


[armadillo]# echo 0 > /sys/class/gpio/W_DISABLE_3G/value

機内モードから復旧するには、次のコマンドを実行してください。


[armadillo]# echo 1 > /sys/class/gpio/RESET_N_3G/value