警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : 個別ビルド方法(makeコマンドの説明)

対象製品: Armadillo-J

オプションを指定せずに make コマンドを実行した時の処理の流れは以下のようになります。

  1. カーネルのビルド (make linux)
    Linuxのカーネルイメージの作成を行います。

  2. ライブラリ、ユーザランドアプリのビルド (make subdirs)
    uClibcライブラリの作成後、アプリケーションのビルドを行います。

  3. romfsの作成 (make romfs)
    ユーザランドを作成します。各ディレクトリの作成、アプリケーションのコピー等が行われます。

  4. イメージファイルの作成 (make images)
    FlashROMに書き込むイメージファイルを作成します。romfsのイメージを作成し、カーネルイメージと結合して一つのファイルにします。

例えばユーザランドのディレクトリ構成を変更したい時に、これらすべての処理を行う必要はありません。

ここでは、いくつかの例を元に目的別のビルド方法を紹介します。

カーネルを修正した場合

カーネルに修正を加えた場合は、カーネルのイメージファイルの更新後、Flashに書き込むイメージファイルを再作成します。


[PC uClinux-dist]$ make linux ; make image

ただしコンフィグ画面で項目の追加/削除等を行った場合は、依存関係が変更されるため


[PC uClinux-dist]$ make dep ; make

と実行して下さい。

アプリケーションを修正した場合

ソースツリー内のアプリケーションに修正を加えた場合、まずアプリケーションの再作成を行います。


[PC uClinux-dist]$ make user_only

ftp等で転送して一時的に利用する場合は、該当するアプリケーションのディレクトリ(user/xxx)に作成される実行ファイルを、Armadillo-Jに転送して下さい。

FlashROMに書き込むイメージに含める場合は、romfsディレクトリに作成した実行ファイルを含めてから、FlashROMに書き込むイメージファイルを作成します。


[PC uClinux-dist]$ make romfs ; make image

※アプリケーションの追加/削除を行った場合も同様の手順でよいのですが、一部アプリケーション(flatfsd等)には、他のアプリケーションとの依存関係があるため


[PC uClinux-dist]$ make clean ; make

と実行した方が無難です。

ユーザランドの変更を行った場合

ユーザランドにあるファイルを変更したり、ディレクトリ構成を変更した場合は、romfsディレクトリの生成と、FlashROMに書き込むイメージファイルの作成を行います。

ユーザランドの変更方法は「ユーザランドの作成手順」を参考にして下さい


[PC uClinux-dist]$ make romfs ; make image

一時的にユーザランドの変更を行う場合は、romfsディレクトリ内を直接編集した後、


[PC uClinux-dist]$ make image

とコマンドを入力してFlashROMに書き込むイメージを作成して下さい。ただし、次回 "make" または "make romfs" コマンドを実行した時に変更は反映されません。