警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-440/460とArmadillo-WLANを使用し、Windows Embedded Compact 7やCE 6.0 R3で無線LANを評価する

対象製品: Armadillo-460Armadillo-440Armadillo-WLAN(AWL13)

Armadillo-440/460上の Windows Embedded Compact 7 と Windows Embedded CE 6.0 R3 でArmadillo-WLAN (AWL13)を簡単に試す方法を紹介します。動作させる手順は以下のようになります。

1. Armadillo-440/460にOSイメージを書き込む
2. Armadillo-WLAN設定手順
3. ブラウザでインターネットアクセス

本Howtoでは、 Windows Embedded CE 6.0 R3で作業する場合の手順について説明します。 途中、画像などで Windows Embedded CE 6.0 R3 を基準としたパス名を使っている場合があります。 Windows Embedded Compact 7 利用時には適宜、読み替えてください。

Armadillo-440/460にOSイメージを書き込む

Windows Embedded のブートローダー(EBOOT.nb0)を、フラッシュメモリに書き込みます。書き換え方法は、Armadillo-400シリーズのソフトウェアマニュアルに書かれている「ブートローダーを出荷状態に戻す」方法と同じです。詳細は
「Howto : Armadillo-440/460で Windows Embedded Compact 7 や Windows Embedded CE 6.0 R3 を使ってみる」をご覧ください。

Armadillo-WLAN設定手順

Armadillo-WLAN (AWL13)をArmadillo-440/460に取り付けた状態で電源をONし、OSを起動します。 OS起動時にArmadillo-WLANが認識され、自動的に"BP3591SD1"無線LAN設定ダイアログボックスが表示されます。

WLAN_setting_SSID

無線LANアクセスポイントが検索され、ダイアログボックスに表示されますので、 接続したいアクセスポイントを選択して"接続"ボタンを押します。 この際、ダイアログボックスの下側が画面から外れてしまい、 タッチ操作ができない場合があります。この時は、 タスクバーを自動的に隠す設定にするか、ソフトウェアキーボードを使用し、 "TAB"キーで項目移動、"Enter"キーで決定を行います。

WLAN_setting_Connect


"接続"ボタンを押すと、"ワイヤレス ネットワーク プロパティ" ダイアログボックスが表示されます。ご使用のアクセスポイントの設定に応じて、 ”ワイヤレスネットワークキー(WEP)”の設定を行って下さい。

WLAN_setting_WEP

ここでは完全にボタンが隠れてしまっていますので、"Enter"キーを押して決定します。


すると、"BP3591SD1"ダイアログボックスに戻り、アクセスポイントへの 接続が開始されます。アクセスポイントのアイコンが変化し、(優先)と表示されれば接続完了です。

WLAN_setting_success


"IP情報"タブを表示し、IP設定を確認して下さい。

WLAN_setting_IPAddress

ここでIPアドレスが正しく取得出来ていない場合、電波環境等により 正常に接続出来ていない場合があります。アンテナの向きや設置環境を変更して、 再設定を行って下さい。


ブラウザでインターネットアクセス

Internet Explorer を立ち上げ、インターネット上のサイトに接続できることを確認します。