警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : auのW05Kを使用してインターネットに接続する - Armadillo-9編

対象製品: Armadillo-9

auのWINデータカードを使用して、インターネットに接続する方法を紹介します。WINデータカードカードは、CFカードインターフェースタイプのW05Kを使用します。W05Kは、二つのシリアルポートを使用して通信速度を上げるマルチポートをサポートしていますが、本Howtoでは一つのポートのみ使用して通信する方法を紹介します。

おおまかな手順は下記のようになります。

  1. ppp機能及びシリアルドライバを有効にする
  2. ppp 関連の設定をおこなう。
  3. ppp 接続をおこなう。

なお、本 Howto では、以下の環境を想定しています。ご利用の環境に合わせて適宜読みかえてください。

  • 対象製品:Armadillo-9 (基板Rev.E)
  • atmark-dist:v20081018
  • linux-kernel:v2.6.12.3-a9-14
  • データ通信カード:W05K
  • プロバイダ:au.NET

1. ppp機能及びシリアルドライバを有効にする。

カーネルに、以下のデバイスドライバを組み込みます。

  • PPP (point-to-point protocol) support
  • PPP support for async serial ports
  • PCMCIA serial driver

また、ユーザランドのアプリケーションとして、pppd を組み込みます。

make menuconfig を使用した場合の設定は下記のようになります。


[PC ~/atmark-dist]$ make menuconfig

Main Menu では、下記のように設定してください。


Main Menu

Vendor/Product Selection  ---> 
--- Select the Vendor you wish to target
(AtmarkTechno) Vendor
--- Select the Product you wish to target
(Armadillo-9.PCMCIA) AtmarkTechno Products 

Kernel/Library/Defaults Selection  --->
--- Kernel is linux-2.6.x
(default) Cross-dev
(None) Libc Version
[*] Customize Kernel Settings (NEW)
[*] Customize Vendor/User Settings (NEW)

次に、カーネルの設定をおこないます。


Linux Kernel Configuration

Device Drivers  --->
  Networking support  ---> 
    <*> PPP (point-to-point protocol) support
    <*>   PPP support for async serial ports

  Character devices  --->
    Serial drivers  --->
      <*> 8250/16550 and compatible serial support
      <*>   8250/16550 PCMCIA device support

最後に、ユーザランドの設定をおこないます。


Userland Configuration

Network Applications  --->
[*] pppd

make します。


[PC ~/atmark-dist]$ make

2. ppp 関連の設定をおこなう。

pppd の動作に必要な設定を行います。

プロバイダにau.NETを使用する場合は、ユーザ名は「au@au-win.ne.jp」、パスワードは「au」となります。また、アクセスポイントは「*99**24#」、DNSは「210.196.3.183」を使用します。御利用のプロバイダに合わせて適宜読みかえてください。

/etc/pcmcia/config に以下を追加


card "W05K"
  manfid 0x03e5, 0x0002
  bind "serial_cs"

/etc/ppp/ppp-on-dialer


#!/bin/sh
#
# This is part 2 of the ppp-on script. It will perform the connection
# protocol for the desired connection.
#
exec chat -s -v -t 60                                   \
        TIMEOUT         3                               \
        ABORT           '\nBUSY\r'                      \
        ABORT           '\nNO DIALTONE\r'               \
        ABORT           '\nNO ANSWER\r'                 \
        ABORT           '\nRINGING\r\n\r\nRINGING\r'    \
        ''              ATZ                             \
        'OK-+++\c-OK'   ATH0                            \
        TIMEOUT         30                              \
        OK              ATDT*99**24\#                   \
        CONNECT         '\d\d'                          \

/etc/ppp/options


lock
name au@au-win.ne.jp
defaultroute

/etc/ppp/pap-secrets


# Secrets for authentication using PAP
# client        server  secret                  IP addresses
au@au-win.ne.jp *       au

/etc/resolv.conf


nameserver 210.196.3.183
nameserver 210.141.112.163

ppp-on-dialerはシェルスクリプトですので、実行権限を与えます。


[PC ~/atmark-dist]$ chmod +x romfs/etc/ppp/ppp-on-dialer

変更したら、イメージを作成し、Armadillo に書き込みます。カーネルも書き換えるのを忘れないようにしてください。


[PC ~/atmark-dist]$ make image
[PC ~/atmark-dist]$ hermit download -i images/linux.bin.gz -r kernel
[PC ~/atmark-dist]$ hermit download -i images/romfs.img.gz -r userland

3. ppp 接続をおこなう。

デバイスドライバを組み込んだArmadillo-9にW05Kを接続し、pcmgrを起動します。


[armadillo ~]# /etc/rc.d/rc.pcmcia start

eth0が有効になっている場合は、eth0を無効にしておきます。


[armadillo ~]# ifconfig eth0 down

ttyS0 と ttyS1 にアタッチされますが、最初の ttyS0 がシリアルモデムになります。そのため、ttyS0 を使用して ppp 接続を行います。


[armadillo ~]# pppd /dev/ttyS0 115200 connect /etc/ppp/ppp-on-dialer

正常に接続できると、「ppp0」というネットワークインターフェースが作成されます。


[armadillo ~]# ifconfig
lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:76 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:76 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:6344 (6.1 KiB)  TX bytes:6344 (6.1 KiB)

ppp0      Link encap:Point-Point Protocol
          inet addr:xxx.xxx.xxx.xxx  P-t-P:172.23.47.172  Mask:255.255.255.255
          UP POINTOPOINT RUNNING NOARP MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:95 errors:6 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:106 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:3
          RX bytes:7974 (7.7 KiB)  TX bytes:7722 (7.5 KiB)
tips: eth0がdhcpでIPアドレスを取得する設定になっている場合、起動時に/etc/resolv.confが上書きされてしまうため、再度設定が必要です。また、/var/lockフォルダがない場合は作成する必要があります。

以上で、auのW05Kを使用して、インターネットに接続することができます。今回のHowtoは、Armadillo-9 に適用することができます。

関連情報

本Howtoで使用したイメージは以下からダウンロードできます。