警告メッセージ

動作確認済デバイスは、Armadilloユーザーからの報告とアットマークテクノ独自に確認した内容を基に掲載している参考情報です。デバイス入手時期や使用ソフトウェアなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

動作確認済みデバイス : USB SoftBankデータ通信モジュール C01SW

対象製品: Armadillo-500 FXArmadillo-500
デバイス情報
デバイスタイプ USB, 3G, HSDPA, モバイル端末
メーカー Sierra Wireless, ソフトバンクモバイル
型番
C01SW (C888)
動作状態

動作可能

備考

カーネルとユーザランド

動作確認に利用したLinuxカーネルバージョン:2.6.26-at4

動作確認に利用したAtmark Distバージョン:20090318

Linux標準ドライバ

Linuxカーネルに含まれているsierraドライバを利用できますが、2.6.26までのカーネルではドライバにC01SWのデバイス情報(VENDOR IDとPRODUCT ID)が登録されていないため追加する必要があります。

具体的に、カーネルソースのdrivers/usb/serial/sierra.cを修正してデバイステーブル配列(id_table)に以下の定義を登録します。

  • VENDOR ID: 0x1199
  • PRODUCT ID: 0x6890

以下のような定義になります。


    { USB_DEVICE_AND_INTERFACE_INFO(0x1199, 0x6890, 0xFF, 0xFF, 0xFF)},

メーカー提供ドライバ

2.6.26の標準ドライバではC01SWの初期化に問題があって通常より時間がかかります。メーカーのサイトからダウンロードできる新しいドライバ(バージョン1.6.0以降)ではこの問題が修正されているので、最新版を利用することをおすすめします。このドライバではC01SWのデバイス情報が既に登録されているので、追加する必要はありません。

デバイスノード

デバイスが認識されるとttyUSBデバイスノードが沢山生成されますが、利用可能なノードは以下の3つだけになります。

ノード名 (linux-2.6.26まで) ノード名 (linux-2.6.27以降) 用途
/dev/ttyUSB9 /dev/ttyUSB3 ATコマンド制御
/dev/ttyUSB12 /dev/ttyUSB4 データ通信
/dev/ttyUSB18 /dev/ttyUSB6 データ通信
  • 他のUSBシリアルデバイスが接続されていない状態で、C01SWのノードがttyUSB0から始まる前提になっています。
  • データ通信のノードはどちらでも利用できます。
  • 接続開始に必要なATコマンドにはデータ通信のノードでも利用できます。

PPP設定

pppdを含んだユーザランドを利用します。Atmark Distのmake menuconfigで以下のようにpppdを選択できます。


Userland Configuration

Network Applications  --->
[*] pppd

以下のpppd設定で動作を確認しました。

/etc/ppp/peers/softbank


lcp-echo-failure 0
/dev/ttyUSB12
115200
debug
defaultroute
usepeerdns
ipparam softbank

ipcp-max-failure 4
ipcp-accept-local
ipcp-accept-remote

noauth
user "ai@softbank"

crtscts
lock
connect 'chat -v -f /etc/chatscripts/softbank'

/etc/ppp/chap-secrets


"ai@softbank" * "softbank"

/etc/chatscripts/softbank


ABORT 'NO DIAL TONE' ABORT 'NO ANSWER' ABORT 'NO CARRIER' ABORT DELAYED

''      AT
OK      ATZ

OK     'AT+CGDCONT=1,"IP","softbank"'

OK-AT-OK "ATD*99#"
CONNECT \d\c

これで、pppd call softbankを実行して接続できます。