OS-9 for SDK for Armadillo

20年以上の歴史を持つリアルタイムOS「OS-9」(株式会社フォークスから提供)がArmadilloシリーズに対応。
OS-9はマイクロ秒単位の制御が可能で、鉄道分野や医療分野の機器等の信頼性を求められる機器に採用されてきた実績があります。

OS-9の特長

  • 高速、コンパクト
  • 信頼性が高くセキュア
  • 各種標準に準拠したミドルウェア

対応製品

  • Armadillo-400シリーズ(無償評価版を公開中)

1カ月限定でお試し:評価版(無償)

Armadillo-400シリーズ上でOS-9を1カ月間お試しいただける評価版を提供しています。ユーザーズサイトで登録すると、無償でダウンロードできます。

評価版の入手方法

OS-9 for SDK V5.0 ARM Armadillo-400 評価版(SDK) のダウンロード(ユーザーズサイト)

正式版(量産開発向け)

正式版SDK「OS-9 for SDK V5.0 ARM Armadillo-400」は、OS-9本体とArmadillo-400シリーズ向けデバイスドライバ、統合開発環境がセットになった、量産開発向けの開発パッケージです。SDKの正式版ライセンスは年間6万円(税別)でご利用いただけます。

通常版(SDK単体購入の場合)
- SDK年間ライセンス:60,000円(税別)
※すでにArmadillo-400シリーズをお持ちの方向けのプランです。

バンドル版(SDKをArmadillo-400シリーズ開発セットと同時購入いただいた場合)
- SDK年間ライセンス:初年度 50,000円(税別)
※開発セット代金は含みません。
※SDKをArmadillo-400シリーズの開発セットと同時購入いただいた場合は、初年度のSDK年間ライセンス価格が割引になります。2年目以降は通常の年間ライセンス価格(年間6万円)となります。

正式版の入手方法

アットマークテクノ ユーザーズサイトで製品購入登録を行った上で、SDKのダウンロードと、正式版ライセンスの申込みを行ってください。SDK(評価版)をインストールし、ライセンスファイルを適用することで、正式版として利用開始することが可能です。

OS-9 for SDK V5.0 ARM Armadillo-400(SDK)のダウンロード(ユーザーズサイト)
OS-9 for SDK V5.0 ARM Armadillo-400 正式版ライセンス の申込み(ユーザーズサイト)

詳細は下記のHowToをご参照ください。

Howto: Armadillo-400シリーズでOS-9を動作させる
1: SDKのインストール
2: OSイメージの作成
3: Armadilloへの書き込み
4: ユーザープログラムの作成

※注意※
正式版をご利用の際は、あらかじめSDK年間ライセンスをご購入いただく必要があります。手続きについては、最寄のArmadilloブランド販売代理店までお問い合わせください。代理店ご紹介のご用命、その他のご相談は下記Webフォームから弊社営業部までお問い合わせください。

SDKご購入についてのご相談(アットマークテクノWebフォーム)

OS-9 量産ロイヤリティ

OS-9を搭載した装置を出荷する際には、OS-9量産ロイヤリティ(ランタイムライセンス)が必要です。ランタイムライセンス付きのArmadilloシリーズはアットマークテクノから提供可能です。詳細は下記へお問い合わせください。

量産ロイヤリティについてのご相談(アットマークテクノWebフォーム)


カテゴリ: