IEEE 802.11b/g/n対応(最大72.2Mbps), UART/SDIO/USBインターフェース対応 小型無線LANモジュール

  • 24×33.1mm超小型/省スペース
  • チップアンテナ内蔵
  • IEEE 802.11b/g/n対応(最大72.2Mbps)
  • UART(シリアル)・SDIO・USBインターフェース
  • アクセスポイントモード対応
  • 量産用途でも1台から購入可能。産業機器に最適
  • Linux標準搭載
  • Windows Embedded対応

※各ソリューションの対応状況については、各製品の「ソフトウェア・開発ツール」メニューをご覧ください。

製品の特長

1台から買える! 産業機器向け無線LANモジュール

ローム製無線LANモジュール「BP3591」を採用した、IEEE 802.11b/g/n対応(最大通信速度72.2Mbps/理論値)の組み込み向け無線LANモジュールです。量産用途でも1台から購入可能で、多品種少量生産の産業用組み込み機器のワイヤレス化におすすめです。

小型サイズ・アンテナ内蔵・すぐに使える

33.1×24mmの小型モジュールでチップアンテナも内蔵しているので、省スペースな組み込み機器設計が可能です[※1]。また、国内電波法認証取得済みで、煩雑な登録手続きなしにすぐに生産にお使いいただけます。

[※1] 外付アンテナも利用可能です(外付アンテナ使用時には、チップアンテナは無効になります)。

省電力組み込み機器に最適

ホストに負担をかけないオールインワン仕様

WPA2-PSKなどの無線LAN規格準拠のソフトウェア処理をすべてモジュールに組み込んだ、ホストに負担をかけないオールインワン仕様です。無線LAN規格準拠のソフトウェアスタックをホスト側に用意する一般的な無線LANモジュールに比べCPU負荷が軽減され、小規模・省電力の組み込み機器でも無線LAN環境が実現できます。

アクセスポイントモード対応

アクセスポイントモードに対応。さまざまな組み込み機器に利用いただけます。

シリアル(UART)/SDIO/USB対応

ホストインターフェースとして、シリアル(UART)、SDIO、USB、の3つのモードに対応。各種インターフェースでの評価が手軽な専用拡張ボードを同梱した評価セットも提供。UARTモードでは、デバイス内蔵のTCP/IPプロトコルスタックを使う事ができ、ホスト側に搭載する必要がありません。このため、既存の産業機器やマイコンシステムを簡単に無線LAN化することが可能です。

※Armadillo-800シリーズと組み合わせてご利用いただく際はご注意ください


2016年3月以前に出荷されたArmadillo-WLAN(AWL13)を、R-Mobile A1搭載製品(Armadillo-840Armadillo-810Armadillo-800 EVA)と組み合わせてご利用いただく場合は、SDIOインターフェースまたはシリアル(UART)インターフェースで接続してください。USB2.0 High-Speed接続は使用できませんのでご注意ください。なお、2016年3月以降に出荷された製品(詳細は変更通知をご覧ください)については、ローム製無線LANモジュール(型番:BP3591)の変更に伴い、USB接続の制限が解除されています。

評価・試作開発におすすめの開発・評価セット

Armadillo-WLAN 評価セット(型番:AWL13-D01Z)

Armadilo-WLAN 評価セット

USB、UARTなど各インターフェースを搭載した、評価用の拡張ボードを同梱。Armadillo-WLANを独自開発の組み込みボードに搭載したいときに便利です。

Armadillo-420 WLANモデル開発セット(型番:A4202-D00Z)

Armadillo-420WLANモデル

Armadillo-WLANをArmadillo-460/440/420で利用できる、量産対応の無線LANオプションモジュール「Armadillo-400シリーズ WLANオプションモジュール」が付属した試作開発セット。Armadillo-400シリーズ+Armadillo-WLANで無線LAN対応組み込みプラットフォームとして利用される場合に便利です。

※Armadillo-400シリーズ向けのLinuxデバイスドライバのソースコードはオープンソースとして公開しています。

お問い合わせ

詳細やご購入に関するお問い合わせは、上記のWebフォーム(アットマークテクノWebサイト)からお寄せください。