FAQ : Armadillo-IoT G2(型番: AG421-)の3Gモジュールで通信できないときには?

対象製品: Armadillo-IoT G1/G2

Armadillo-IoT G2(型番: AG421-)で3G通信できないときの確認項目について説明します。

Armadillo-IoTの型番によって確認方法が異なります。対応関係を以下に示します。

型番 外観 本FAQに対応/非対応
AG401- 非対応
こちらを参照してください
AG421- 対応

確認項目一覧

1. 3Gモジュールが動作できているか

1.1 デバイスドライバーの確認

3Gモジュールの動作に必要なデバイスドライバーが有効になっているか確認します。


[armadillo ~]$ zcat /proc/config.gz | grep -e USB_ACM -e CDCETHER

有効の場合、次のように表示されます。


CONFIG_USB_ACM=y
CONFIG_USB_NET_CDCETHER=y

無効の場合、次のように表示されます。


# CONFIG_USB_ACM is not set
# CONFIG_USB_NET_CDCETHER is not set

無効となっていた場合、カーネルコンフィギュレーションで次のように設定し、 ビルドしたカーネルイメージで起動してください。


Linux Kernel Configuration

Device Drivers  --->
  [*] USB support  --->
    <*>   Support for Host-side USB
    <*>     USB Modem (CDC ACM) support

Device Drivers  --->
  [*] Network device support  --->
    USB Network Adapters  --->
      <*> Multi-purpose USB Networking Framework
      <*>   CDC Ethernet support (smart devices such as cable modems)

1.2 TTY デバイスファイル /dev/ttyATCMD の確認

TTY デバイスファイル /dev/ttyATCMD から、ATコマンドを実行できるか確認します。

tip コマンドを実行して /dev/ttyATCMD に接続します。ボーレートは115200bps です。


[armadillo ~]$ tip -l /dev/ttyATCMD -s 115200
Connected.

ATI コマンドを実行すると、3G モジュールの情報が表示されます。


ATI
HL8548

OK

tip を終了するには、チルダ「~」に続いてドット「.」を入力します。


Disconnected.
[armadillo ~]$
tip終了のために入力するチルダ「~」とドット「.」は、ターミナル上に表示されません。

1.3 ネットワークデバイス umts0 の確認

ifconfig コマンドでットワークデバイス umts0 の情報が表示できるか確認します。


[armadillo ~]# ifconfig umts0
umts0     Link encap:Ethernet  HWaddr 00:00:11:12:13:14
          BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)

2. microSIMが正しく認識されているか

3g-phone-num コマンドを実行し、microSIMから電話番号が取得できるか確認します。


[armadillo ~]# 3g-phone-num
[number]

11桁の電話番号が表示されなければ、microSIMが認識されていません。 以下を参考に、正しく取り付けられているか確認してください。

それでも認識できない場合は、他のSIMフリー端末などを使用してmicroSIMが壊れていないか確認してください。

3. microSIMがアクティベーションされているか

microSIMは初期状態ではアクティベーションされていない場合があります。

ご利用の通信事業者が示す手順に従い、アクティベーションを行ってください。

4. アンテナが接続されているか

以下を参考に、アンテナが正しく接続されているか確認してください。

5. 電波環境

3Gモジュールの受信レベルを取得し、電波環境の確認を行います。

tip コマンドを実行して /dev/ttyATCMD に接続します。ボーレートは115200bps です。


[armadillo ~]$ tip -l /dev/ttyATCMD -s 115200
Connected.

AT$CSQ コマンドを実行し、3G モジュールの受信レベルを取得します。


AT$CSQ
$CSQ: 24,99,-4

OK

取得結果は以下のフォーマットで出力されます。

$CSQ: [rssi],[ber],[Ec/Io]

[rssi]にて現在のRSSI値が以下のように分かります。

[rssi] RSSI値
0 -113 dBm or less
1 -111 dBm
2 ~ 30 -109 ~ -53 dBm
31 -51 dBm or greater
99 Not known or not detectable

[rssi]が99、もしくは0付近である場合、電波環境が悪く3G通信ができない可能性があります。 上記の取得結果では[rssi]は24であり、電波環境に問題が無いことが分かります。

AT$CSQ コマンドの詳細は、データーシート「AirPrime - HL6 and HL8 Series - AT Commands Interface Guide」 を参照してください。 ダウンロードにはユーザー登録が必要です。

tip を終了するには、チルダ「~」に続いてドット「.」を入力します。


Disconnected.
[armadillo ~]$

6. 接続先設定

通信事業者から貸与されている、次のAPN 情報を再度確認してください。

  • APN
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 認証方式(PAP または CHAP)
  • PDP Type(IP または PPP)

APN設定は、 3g-set-ap コマンドで行うことができます。


[armadillo ~]# 3g-set-ap [apn] [user] [password] CHAP IP

7. LTEで接続していないか

Armadillo-IoTの3GモジュールはLTE未対応です。次のようなLTEでの接続はできません。

  • LTE専用のmicroSIMを使用する
  • LTE/3G両対応のmicroSIMにてAPNがLTE用と3G用で分かれており、LTE側のAPNを設定する

8. 通信事業者への問い合わせ

上記に記載した確認項目のどれにも問題なかった場合、ご利用の通信事業者に以下をご確認ください。

  • 契約切れや通信制限が無いか
  • サポートエリア内か
  • 通信障害/メンテナンス中ではないか