警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : サンプルプログラムの作成

対象製品: Armadillo-J

シリアルコンソールより「Hello, World!」と表示させるプログラムを作成します。

1. プログラムを作成する

作業用ディレクトリ「~/sample」を作成します。


 [PC ~]$ mkdir ~/sample

 [PC ~]$ cd ~/sample
 [PC ~/sample]$

以下のソースコード作成し、ファイル名「sample.c」として保存します。


 #include <stdio.h>
 int main(int argc, char *argv[])
 {
        printf("Hello, World!\n");
        return 0;
 }

2. uClibc ライブラリの作成

リンク時に必要となる uClibc ライブラリを作成するために、一度 uClinux-dist 以下を make します。
make 方法は、アプリケーション開発手順を参照して下さい。

3. サンプルプログラム用の Makefile 作成

Makefile.sampleを修正して、Makefileを作成・保存します。


修正箇所
 ROOTDIR=(実際のuClinux-distへのパス)
 PROG = sample
 PROG_OBJS = sample.o

4. コンパイル、リンク、オブジェクトファイルの作成

開発用PCより、コンパイルを行います。


 [PC ~/sample]$ make

以上でカレントディレクトリに、Armadillo-J用実行形式ファイル"sample"が作成されます。
(※2004/04/21 Makefileに関する記載を追加)

カテゴリ: