警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : 解像度と色深度の変更(カーネル2.4系)

対象製品: Armadillo-9

2.4系のカーネルで出力解像度を変更する方法について説明しいます。2.6系のカーネルをご利用の方はこちらをご参照ください。

出力解像度の変更方法はカーネルのバージョンによって異なります。

バージョン2.4.27-a9-4以降のカーネル

2.4.27-a9-4以降のカーネルでビデオ出力解像度を変更する場合、カーネルパラメータに希望解像度を指定します。 カーネルパラメータは、Hermitのプロンプトから、setenvコマンドを使って設定します。


hermit> setenv video=ep93xxfb:mode=svga

としておくことによりSVGA(800x600)になります。

mode=xxxに設定できる文字列は以下の通りです。

vga : 640x480 60Hz
vga72 : 640x480 72Hz
vga75 : 640x480 75Hz
svga : 800x600 60Hz
svga72 : 800x600 72Hz
svga75 : 800x600 75Hz
xga : 1024x768 60Hz
xga70 : 1024x768 70Hz
xga75 : 1024x768 75Hz

setenvコマンドについての詳細や注意事項については、 ソフトウェアマニュアルを参照してください。

バージョン2.4.27-a9-3以前のカーネル

バージョン2.4.27-a9-3以前のカーネルでVGA出力の画面モードや色の深度を変えるためには、カーネルを再コンパイルする必要があります。

1.コンパイルの準備

はじめに Software Manual および Atmark-dist developper's guide を参照してカーネルのコンパイルを行うための準備を行ってください

2.設定の変更

ソースコードの準備ができたらuClinux-distディレクトリに移動し、make menuconfig コマンドを実行します。


    Kernel/Library/Defaults Selection --->
    [ ] Customize Kernel Settings

と選択後 Exit します。

次に Main Menu にて


    Console drivers --->
    Frame-buffer support --->

と選択します。

この画面上の「EP93xx resolution」を選択することで画面モードを、「EP93xx Color Depth」を選択することで色の深度を変更することができます。 (より高い解像度や、高い色の深度を選択すると高負荷になり動作が遅くなります。)

設定を変更後、Exitを選択してください。

3.コンパイルとカーネルの書き換え

コンパイルを行い、作成されたカーネルイメージをArmadillo-9に書き込みます。 (書き込み方法は Software Manual を参照してください)

Armadillo-9を起動すると、設定した解像度/色深度で動作します。

X Window System を利用している場合は、/etc/X11/XF86Config-4 を編集するか、


[armadillo ~]# dpkg-reconfigure xserver-xfree86

を実行して、解像度と色の深度を再設定してください。