LANUSBUARTI2C
WLANmicroSDGPIOSPI
3G/LTEBTWi-SUNEnOcean

対応

非対応

Bルートで新しいビジネスを~HEMS機器向けBox型プラットフォーム

イメージ

Armadillo-Box WS1は、HEMS[*1]による新サービスを検討している新電力会社やインターネットプロバイダ、SIベンダーなどを主なターゲットとして、Bルート[*2]に対応したHEMS機器のプラットフォームとしてお使いいただくことを想定した省電力のボックス型組み込みコンピュータです。お客様が開発したアプリケーションを書き込むだけでHEMS機器を実現できます。

[*1] 一般家庭向けのエネルギー管理システム。電力の見える化や機器の自動制御を通して、電力の効率的な利用を促し、省エネやピークシフトによる電力負荷の平準化につなげる仕組み。
[*2] 従来の電力会社を介さずスマートメーターから直接データを取得するルート。

製品の特長

設置が簡単・従来型に比べて大幅コストダウン~Wi-SUN対応+小型

920MHz無線通信規格「Wi-SUN」でスマートメーターと通信[*1]

低消費電力で長距離通信が可能な920MHz無線通信規格「Wi-SUN」通信モジュールを標準搭載。スマートメーターをはじめ、様々なWi-SUN機器と無線で通信可能です[*1]。配電盤にCTセンサを接続する従来型と異なりスマートメーターとの連携型なので、開発や設置にかかる費用の大幅削減が期待できます。

[*1] スマートメーターとの通信を行うには、ECHONETLiteプロトコルスタックの低電圧スマート電力量メータークラスを利用する必要があります。ECHONET Lite規格に準拠した機器の製造・販売を行う際は、ECHONET Lite規格適合性認証およびSMA仕様適合性認証を取得する必要があります。

小型・省電力

58×83mm・手のひらサイズの小型コンピュータ。わずか1.3Wで動作する省電力設計で、どこにでも設置しやすいのが特長です。

アプリケーションを書き込むだけでHEMS機器を実現

OSプリインストールのBox型プラットフォーム

Armadillo-Box WS1は、Box型の本体にLinuxOSをプリインストールして提供します。お客様が開発したアプリケーションを書き込めばそのまま製品化プラットフォームとしてご利用いただけます。

必要なアプリケーションを自由に設計

Linux/Java対応 ~ リアルタイムに「電力見える化」することも可能に

Armadillo-Box WS1向けのLinuxカーネルやデバイスドライバなどの基本ソフトウェアは、オープンソースで提供されています。試作から量産製造まで対応可能なOracle Javaライセンス(JREライセンス)も標準バンドル[*1]され、自由なアプリケーション開発が可能です。

Bルートでリアルタイムに電力量を見える化し、クラウドアプリケーションと連携することで遠隔からスマートフォン経由で見守り・監視を行うサービスなど、各種用途にも応用できます。

[*1] 量産時はJREライセンス「なし」も選択可能です(ただしご購入後にJREライセンスのみ追加付与することはできません。)

イメージ
イメージ

専用開発環境を無償公開

Armadillo-Box WS1は、Linuxプリインストールの組み込みプラットフォーム「Armadillo」をベースとしています。ソフトウェア開発には、Armadilloの専用開発環境「ATDE」(Webサイトで無償公開)を利用することができます。
ATDE (Atmark Techno Development Environment)とは:
「ATDE」はVMwareなどの仮想マシンでLinuxデスクトップ環境 (Debian GNU/Linux) を実現したものです。GNUクロスコンパイラやその他Armadillo製品上で実行させるソフトウェアの開発に必要なツール類などのパッケージがプリインストールされています。

ECHONET Lite 低圧スマートメータークラスのプロトコルスタックを用意

Ubiquitous ECHONET Lite

株式会社ユビキタスが提供する、ECHONETLite対応ミドルウェアです。Wi-SUN Profile for ECHONET Lite(TTC JJ-300.10 A方式)に準拠しており、スマートメーターと通信可能なHEMS機器をすぐに開発することができます。

Ubiquitous ECHONET Liteについて

※開発セット購入者向けに、無償評価版を提供しています。くわしくはこちらをご覧ください。

OpenECHO

ECHONET LiteをJavaで実装したオープンソースのドライバライブラリ「OpenECHO」[*1]で、ECHONET Lite対応機器と接続できます。

[*1]株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所ライセンスで配布されています。

イメージ

試作から量産まで安心。セミオーダー式で量産製造オプションを選べる

量産品はセミオーダー式でオプションを選べる

お客様ご指定のROMイメージを本体のフラッシュメモリに書き込んだり、JREライセンスの有無を選択できたり…と、セミオーダー式で選択いただいた内容をもとに、各お客様向けの量産品をご提供します。

1年間の製品保証

Armadillo-Box WS1本体は、1年間の製品保証(センドバックによる無償交換)を提供しています。

イメージ

対応するミドルウェア

対応するミドルウェアは、下記の一覧からご覧いただけます。

Armadillo-Box WS1対応ミドルウェア

お問い合わせ

詳細やご購入に関するお問い合わせは、上記のWebフォーム(アットマークテクノWebサイト)からお寄せください。