Armadillo-IoTゲートウェイとは

Armadillo-IoTゲートウェイは、IoTゲートウェイ向けのプログラマブルなボックス型プラットフォームです。Debian GNU/Linuxプリインストールで、ユーザーがアプリケーションを自由に開発して実装することができます。量産製造をセミオーダーできる「Armadillo BTOサービス」も提供しており、オリジナルのIoTゲートウェイを短期間で確実に製品化したいという方におすすめです。

ラインアップ

about_iot-gw_Armadillo-IoT_G4
Armadillo-IoTゲートウェイ G4

多様なI/Fに対応・PoCにも最適

  • i.MX 8M Plus (クロック数 1.6GHz)
  • メモリ 2GB
  • ストレージ 8GB eMMC
  • NPU(2.3TOPS)搭載
about_iot-gw_Armadillo-IoT_G3
Armadillo-IoTゲートウェイ G3

多様なI/Fに対応・PoCにも最適

  • i.MX 7Dual (クロック数 1GHz)
  • メモリ 1GB
  • ストレージ 4GB eMMC
  • LTE Cat 4 対応
about_iot-gw_Armadillo-IoT_G3L
Armadillo-IoTゲートウェイ G3L

RS422/485対応・小型サイズ

  • i.MX 7Dual (クロック数 1GHz)
  • メモリ 1GB/512MB
  • ストレージ 4GB eMMC
  • LTE Cat 1 対応
about_iot-gw_Armadillo-IoT_A6
Armadillo-IoTゲートウェイ A6

間欠動作に対応・超省電力

  • i.MX 6ULL (クロック数 528MHz)
  • メモリ 512MB
  • ストレージ 4GB eMMC
  • LTE-M対応

Armadillo-IoTゲートウェイの特長

Armadilloボードをベースに開発

Armadillo-IoTゲートウェイは、Armadilloボードの技術・ノウハウを背景にハードウェアを実現しました。温湿度や振動などの試験も実施し、産業用途向けの製品にもご利用いただける仕様で提供しています。また、試験データなどの各種ドキュメントはユーザーに無償公開しています。

オプションを選んで作るIoTゲートウェイ

ハードウェア設計不要・各種インターフェースに対応

RS422/485やWi-SUNなど、各種の入出力インターフェースに対応することができます。定番モデルの「Armadillo-IoTゲートウェイ G3」シリーズは、専用の「アドオンモジュール」を差し替えて、各種インターフェースに柔軟に対応できることが大きな特長です。本体のハードウェアは、ケースや付属品も含めて販売代理店からお買い求めいただけるので、回路設計や基板開発などを行う必要はありません。

セミオーダー方式で量産対応

必要なものをセミオーダー式で指定して量産をご依頼いただける「Armadillo BTOサービス」を提供しています。通信モジュールやメモリサイズ、アンテナやACアダプタの添付の有無などのハードウェア構成、ROMイメージ書き込みやケーシング・ネジ止めなどのキッティングを指定いただくことが可能です(MOQ=10台)。製造ラインを持たない法人様によるIoTゲートウェイの製品化、より手軽に量産対応したい場合などにおすすめです。

開発・量産化支援/BTOサービス

自由にアプリケーション開発

Debian GNU/Linuxプリインストール

Armadillo-IoTゲートウェイは、Debian GNU/Linuxプリインストールのボックス型組み込みプラットフォームです。最終的にエンドユーザ向けのどのような機能を実現するのかについては、Armadillo-IoTゲートウェイに実装するアプリケーション(ユーザーが開発)に委ねられます。

アプリケーション開発に必要な知識

Armadillo-IoTゲートウェイのアプリケーションの開発は、ArmadilloシリーズのIoTボードと同様の開発を行う必要があります。Armadillo-IoTゲートウェイはGNU/Linuxをプリインストールしているので、基本的にはPC用のLinuxと同じように開発することができます。

参考:Armadilloで開発する

IoTゲートウェイとは

IoTゲートウェイとは、 センサー端末とクラウドサーバーの間のデータのやり取りを中継する機器です。センサー端末が収集したセンシングデータをクラウドサーバー上にアップロードしたり、 クラウドサーバー側からの制御の情報をセンサー端末側に送信したりする役割を担います。

IoTゲートウェイはなぜ必要?

IoTゲートウェイは、センサーなどの端末(モノ)と通信する機能と、クラウドサーバー(インターネット)と通信する機能の両方を持ち、両者を中継します。もし個々のセンサー端末に直接インターネット通信する機能を持たせるとしたら、センサー端末の単価が跳ね上がってしまい、大量にセンサー端末量を設置したいような場合には不向きです。そこで、センサー端末とクラウドサーバーの間にIoTゲートウェイを置きます。IoTゲートウェイは複数のセンサー端末からのデータを収集し、クラウドサーバーに転送します。インターネット通信の機能をIoTゲートウェイにゆだねることにより、個々のセンサー端末はIoTゲートウェイと通信するだけの簡単な通信機能を搭載するだけで済むため、低予算で大量のセンサーを使うシステムを実現することが可能となります。
また、非力なセンサー端末に代わって、IoTゲートウェイがデバイスの認証・管理の機能を持ち、IoTデバイスのセキュリティを確保する場合もあります。 さらに、センサー端末から収集したデータをIoTゲートウェイが加工処理(エッジコンピューティング)してからクラウドに送信するようにすれば、クラウドサーバとの通信にかかる負荷も低減でき、より効率的なシステムを作ることができます。