製品の特長

薄さわずか5.2mm モジュール型プラットフォーム

Armadillo-410は、キャリアボード(拡張ボード)と接続することを前提としたモジュール型のプラットフォームです。従来シリーズ(Armadillo-420/440/460)のようにコネクタを搭載したシングルボード型の製品よりも、設計自由度を確保しています。50×40mm、薄さわずか5.2mmで、どんな機器にも組み込めるコンパクト設計です。

Armadillo-410イメージ
ボード外観

Armadillo-440の機能をそのままに・Armadillo-400シリーズとソフトウェア互換

Armadillo-410は、Armadillo-440と同等の仕様で、USB、LAN、シリアル、SDなどのインターフェースの他、タッチパネル液晶やオーディオなどの拡張にも対応しています。既存のArmadillo-400シリーズとソフトウェア互換性を持っているため、従来のシングルボード型のユーザでも容易に移行できます。

中規模以上の量産に最適

Armadillo-410は、従来のシングルボード型製品よりも低価格で、数千台規模での量産に採用しやすい点が大きな特長です。Armadillo-410本体は基板対基板コネクタでキャリアボードとワンタッチ接続できるので、シングルボード型の場合よりも量産製造時の作業効率もUPします。
数百台規模までの少量生産には従来のシングルボード型製品を使って開発コストを低減し、中規模以上の生産にはArmadillo-410を使って製造コストを低減する、というように量産規模に応じてArmadillo-400シリーズを使い分けることで、コストメリットを最大化することが可能です。

省電力設計の量産ボード:動作温度範囲-20℃~+70℃をカバー

Armadillo-400シリーズは、 量産にそのままお使いいただくことを想定し、通常動作時の省電力が1.2W程度という省電力設計で、スリープモードも搭載しています。
また、動作温度範囲は-20℃~+70℃をカバーし、氷点下の環境で使用される組み込み機器にも搭載できる安心設計です。

試作開発に~4.3インチタッチパネル液晶付き 開発セット

液晶モデル開発セット

4.3インチタッチパネル液晶付きの開発セット「Armadillo-410 液晶モデル開発セット」を試作開発用として提供します。拡張ボード上に、USB、LAN、シリアルなどのコネクタやGPIOのヘッダピンなどを搭載しており、Armadillo-410の機能をフルに試すことができます。また、別売のWLANオプションモジュールRTCオプションモジュールなども接続可能です。

LinuxOSプリインストール

OSとしてLinuxを採用し、デバイスドライバや開発環境をWebサイトで無償公開しています。

プラットフォームの構成

※リード部品未実装の量産ボードは、ブートローダーのみプリインストールされています。

パートナーソリューション:各種ミドルウェアなどを提供

Linux以外のOSや高速起動ソリューションなど、他社製のソフトウェアソリューションがArmadillo-400シリーズ向けに提供されています。詳細はユーザーズサイトからご覧ください。

パートナーソリューション一覧

量産向けセミオーダー・カスタマイズ

ROMイメージ書き込みサービス

量産向けに、製品本体にお客様ご指定のROMイメージを書き込んで出荷する「ROMイメージ書き込みサービス」を提供しています。 詳しくは以下の説明をご覧ください。

インテグレーションサービス

拡張ボードやデバイスドライバの開発を委託したい場合など、Armadilloをベースとしたモノづくりや組み込みLinux開発に関するコンサルティングをご希望のお客様向けに、 Armadilloをベースとしたモノづくりに精通するプロが所属する「Armadilloインテグレーションパートナー」をご紹介しています。
認定者が持つプロの知識と経験、各社の技術ノウハウを活かして、仕様策定から開発、量産・製造まで、Armadilloを使用したお客様のシステムを具現化するための各工程の効率化・迅速化をサポートします。詳しくは以下をご覧ください。

お問い合わせ

詳細やご購入に関するお問い合わせは、下記のWebフォームからお寄せください。