Armadillo-X2

製品概要

about_Armadillo-X2
logo_Armadillo-X2

CPU

Arm Cortex-A53 ×4

コアクロック

1.6GHz

メモリ

2GB

ストレージ

10GB (eMMC)

LAN USB microSD UART I2C GPIO SPI I2S CAN HDMI PDM PWM MIPI
202403_pux-shikino_cp_banner.jpg

製品の主な特長

GUI開発環境「Flutter」に標準対応
小型・高性能CPUボード

Armadillo-X2は、GUIを必要とする機器や映像出力機器などに最適な小型・高性能CPUボードです。Googleが提供するオープンソースのGUI開発環境「Flutter」に標準対応。このモバイルアプリフレームワークを活用することで、容易にGUIアプリケーションを開発できます。

デジタルサイネージに最適

HDMIで液晶モニタやタッチパネルと簡単に接続できます。NPU内蔵の高性能CPU搭載のため、デジタルサイネージなどにも組み込めます。

NXP製i.MX 8M Plus搭載・動画を高速処理

Arm Cortex-A53(1.6GHz)4コアのSoC「i.MX 8M Plus(NXPセミコンダクターズ製)」を搭載しています。フルHDサイズ(1080p)のH.264エンコード/デコード機能も用意されており、動画を記録しながらのAI処理も可能です。

ファンレス・小型設計

高負荷のかかるエッジAI処理でも、動作温度範囲内であれば処理能力が低下しない稼働を期待できます。これまで設置が難しかった環境でも採用いただけるファンレス・小型設計で、産業用PCよりも安価に導入することができます。

オプションで専用アルミケースを選択可能

オプションで専用のアルミケースが用意されています。熱源であるSoCをメインボードの裏面にレイアウトし、ヒートシンクなどを使わずアルミ製のケースに直接放熱することで、ボード単体で使用するよりも更に安定した稼働を見込めます。

各社の産業用タッチパネル液晶に対応

ADLINK製 「OM Series」や、ノリタケ伊勢電子製「GT-VPシリーズ」は動作確認済みの推奨デバイスです。試作開発だけではなく、そのまま量産製造に対応できます。
OM Seriesの詳細情報(ADLINK社Webサイト)
GT-VPシリーズの詳細情報(ノリタケ伊勢電子社Webサイト)

Armadillo Base OS搭載

「Armadillo Base OS」を搭載しています。ユーザー自身が機能を自由に設計・開発して書き込むことで、さまざまな製品を作ることができます。

Armadillo Base OS について

セキュアエレメント搭載

NXPセミコンダクターズ製のセキュアエレメント「SE050」を標準搭載しています。これを使用することで、ハードウェアRoot of Trustによる高いセキュリティを実現できます。

about_armadillo-x2-02 about_armadillo-x2-03 about_armadillo-x2-04

FlutterによるGUIデモおよびエッジAI処理デモ

アプリケーション開発

logo_ArmadilloBaseOS_B

Armadillo Base OS 対応

Armadillo-X2は、専用ディストリビューション「Armadillo Base OS」に対応しています。ユーザー自身が機能を自由に設計・開発して書き込むことで、さまざまな製品を作ることができます。

Armadillo Base OSについて

202302_seminar_ogp

無料で受講できるハンズオンセミナーを定期開催

Armadillo Base OSの概要や使い方の説明、実際にアプリケーションを作成して組み込むまでをトレーニング形式で体験することができます。製品購入前でも受講可能ですので、ご検討中の方はぜひご参加ください。

[コースF] Armadillo Base OS 基礎セミナー

app-dev_node-red

Node-RED™コンテナ

Node-RED™[※1]は、IoTアプリケーション開発に適したオープンソースのローコード開発ツールです。「Node」と呼ばれる機能ブロックを繋ぎ合わせて作るビジュアルプログラミング環境で、PythonやJavaScriptなどのプログラミング知識がなくてもアプリケーションを作れます。PLCやリモートI/Oなどの産業機器からのデータ収集や、それらの制御を行うアプリケーション用のNodeもあり、製造業DXの内製ツールとしても注目されています。

※1 Node-REDは、OpenJS Foundationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

製品モデル

開発セットと量産ボードを提供

試作開発向けに、Armadillo-X2本体と開発に必要なACアダプタとケーブルを同梱した「開発セット」を提供しています。量産製造時には、本体のみの「量産ボード」を選択できます。

Armadillo-X2の製品ラインアップ

about_armadillo-x2-01

技術情報

製品マニュアルのほかに、お客様の開発を支援する目的で技術情報を公開しています。アットマークテクノのFAE・エンジニアが執筆するブログをはじめ、HowtoやFAQがあります。これらのドキュメントを読んでも解決しなかった問題はフォーラムで質問することもできます。

周辺サービス

logo_ArmadilloTwin_B

デバイス運用管理クラウドサービス「Armadillo Twin」

デバイスをリモートから運用管理することができるクラウドサービスです。様々なタスクをリモートから実行できるようになり、OSアップデートもダッシュボードからの操作で行えるので、稼働中のデバイスは常に最新の状態を維持できます。バグ修正やセキュリティ対策などのメンテナンスのほか、機能追加や設定変更、アプリケーションのアップデートなども可能です。

Armadillo Twinについて
Armadillo Twin ユーザーマニュアル(Armadillo Twinサイト)
サービス・無償トライアルのお申し込み(Armadillo Twinサイト)

services_ip

Armadilloインテグレーションパートナー

Armadilloをプラットフォームとした機器の設計開発、量産製造などを支援するサービスです。 パートナー各社所属で各分野に精通したプロフェッショナルが、ご相談に応じます。

Armadilloインテグレーションパートナーについて


製品に関するご質問・量産についてのご相談はWebフォームからお問い合わせください。