製品の特長

i.MX6ULL搭載のスタンダードタイプ「Armadillo-600」シリーズ

Armadillo-600シリーズは、フィールド向けの機器・端末のプラットフォームとして豊富な採用実績を持つ小型・省電力でLinux採用の組み込みCPUボード「Armadillo-400シリーズ」の思想を継承しつつ、処理能力と搭載メモリをともに大幅にグレードアップさせた、次世代のLinux組み込みプラットフォームです。高性能ながら省電力性能を向上、さらに耐環境性を追求するなど、量産時の使いやすさを重視した堅実な設計が特長です。

Armadillo-640

i.MX6ULL搭載/Armadillo-440と形状互換で性能向上

Armadillo-640は、従来のArmadillo-440のコネクタ配置を踏襲したシングルボード型モデルです。
CPUコアクロックは528MHzにアップ、メモリはArmadillo-440の約4倍の512MB(DDR3-800)、オンボードストレージは約4GB(eMMC)を搭載し、microSDカードスロットも備えています。従来のArmadillo-400シリーズに比べてハードウェア性能が大幅に向上し、アプリケーション開発の自由度が高くなりました。
Armadillo-440向けと同じ形状のオプションケース(樹脂製・金属製)もラインアップしているので、Armadillo-440から乗り換えるときも筐体を新規設計する必要がありません。

省電力モード搭載・バッテリー駆動の機器にも最適

省電力モードを搭載し、「アプリケーションからArmadillo-640本体の電源をOFFにする」「RTC(リアルタイムクロック)のアラームで決まった時間に本体の電源をONにする」といった細かな電源制御が可能です[*1]。必要な時だけ本体を起動するといった運用が可能なので、バッテリーで稼動させるような機器にも適しています。

[*1] 順次ソフトウェアアップデートにて対応予定です。

動作温度範囲-20℃~+70℃対応

Armadillo-640は動作温度範囲-20℃~+70℃をカバーしています。

シングルボード型ながら拡張性にも十分に配慮

Armadillo-640は、シングルボード型ながら多くの拡張インターフェースを搭載しており、USB、LCD、シリアル、GPIO、I2C、I2S、SPIなどの拡張に対応します。量産向けに、リード部品コネクタを搭載したモデルの他、リード部品非搭載のモデルも提供する予定です。

Debian GNU/Linuxに標準対応

Armadillo-640は、標準ルートファイルシステムにDebian GNU/Linuxを採用し、PCライクな開発が可能です。カーネルやデバイスドライバなどの基本アプリケーションはWebサイトで無償公開されているので、Linuxの豊富な開発資産も利用できます。

Armadillo-640とArmadillo-440の仕様比較

Armadillo-640とArmadillo-440の主なハードウェア仕様の違いは以下の表のとおりです。

※Armadillo-640の仕様の詳細は、Armadillo-640の製品マニュアルでご確認ください。
※端子機能、カーネルバージョン、開発環境などの違いについては、「FAQ : Armadillo-640: Armadillo-440との違い」 をご覧ください。

Armadillo-440 仕様 [参考] Armadillo-640 仕様
CPU NXPセミコンダクターズ製 i.MX257
ARM926EJ-S(400MHz)
NXPセミコンダクターズ製 i.MX6ULL
ARM Cortex-A7(528MHz)
RAM 128MB (LPDDR SDRAM) 512MB (DDR3-800)
ROM 32MB (NOR型フラッシュメモリ) 3.8GB(eMMC) ※SLCモードで動作
シリアル RS232C×1, 3.3V CMOS×2 RS232C×1, 3.3V CMOS×2(最大6)
汎用入出力(GPIO) 18bit(最大24bit) 最大65bit
USB USB 2.0(Host)×2(High Speed×1, Full Speed×1) USB 2.0(Host)×2(High Speed)
ビデオ LCD拡張可能(最大800×600/18bpp) LCD拡張可能(最大WXGA 1366 x 768/18bpp)
(専用LCDオプションセット別売)
外形サイズ 75.0×50.0mm (突起部を除く) 75.0×50.0mm (突起部を除く)

お問い合わせ

詳細やご購入に関するお問い合わせは、下記のWebフォームからお寄せください。