Armadillo-IoT A6

製品概要

about_Armadillo-IoT_A6
logo_Armadillo-IoT_A6

CPU

Arm Cortex-A7

コアクロック

528MHz

メモリ

512MB

ストレージ

4GB (eMMC)

LTE-M LAN USB UART I2C microSD GPIO SPI

製品の主な特長

about_armadillo-iot-a6-02

※1 LTEの通信状態、電波強度、CPUでの処理の負荷による

セルラーLPWA(LTE-M)で省電力クラウド通信

Armadillo-IoTゲートウェイ A6は、従来モデル以上に省電力で動作する小型なIoTゲートウェイです。超低消費電力でクラウドと通信できるセルラーLPWA(LTE-M)モジュールを搭載。自立型のシステムを構築する際には、ソーラーパネルや蓄電池をより小さなものにでき、システム全体のコストを大幅に低減することができます。

NXP製i.MX 6ULL搭載

Arm Cortex-A7(528MHz)のSoC「i.MX 6ULL」(NXPセミコンダクターズ製)を採用しています。

間欠動作に対応

ゲートウェイを間欠動作させることで、さらに細かな節電が可能です。スリープ時はほとんど電力を消費せず、その状態からすぐに高速起動することができます。必要なときだけゲートウェイを起動しクラウドと通信、データ送信後は再スリープといった運用を実現します。

セキュアエレメント搭載

NXPセミコンダクターズ製のセキュアエレメント「SE050」を標準搭載しています。これを使用することで、ハードウェアRoot of Trustによる高いセキュリティを実現できます。

Howto: SE050 ミドルウェア (Plug&Trust MW) ビルド手順[※]
Howto: SE050 を使用して AWS IoT Core へ接続する[※]

※Armadillo-IoTゲートウェイ G3 M1-Mモデルを例にしたHowtoです。

about_armadillo-iot-a6-04b

アプリケーション開発

Debian GNU/Linuxプリインストール

Armadillo-IoTゲートウェイ A6は、Debian GNU/Linuxプリインストールのプラットフォームです。ネットワークの利用方法、クラウドとの通信方法などを含め、ユーザー自身がゲートウェイの機能を自由に設計・開発して書き込むことで、さまざまな製品を作ることができます。

開発言語

開発言語として、C/C++言語だけでなく、Debianの提供する豊富なパッケージ群の中から、Python、Ruby、Node.jsなどのスクリプト言語を自由にインストールできます。 これらを使ってArmadillo-IoTゲートウェイ上でネイティブ開発を進めることも可能です。

クラウド対応

AWS IoT Device SDK, Azure IoT SDKをインストールすることによって容易に各種パブリッククラウドへの接続ができます。また、MQTT, REST, WebSocket等のプロトコルを使用してオンプレミスや独自仕様対応も可能です。

開発環境

クロス開発には、無償のArmadillo専用開発環境「ATDE」をご利用いただけます。ATDEを使うことで、開発用PCの用意やツールのインストールなど開発環境を整える手間を軽減することができます。

Armadillo-IoTゲートウェイ A6 のソフトウェアについて

製品モデル

ボードモデル・ケースモデルをラインアップ

拡張を行いたい・防水筐体を使用したい場合などはボードモデル(U1モデル)、そのまますぐに設置したい場合はケースモデル(C1モデル)と、用途や設置環境に合わせてモデルを選択することができます。ボードモデルには各種I/Fを拡張できるコネクタを搭載しているので、自由度の高いハードウェア設計が可能です。

  • ボード(U1)モデル:GPIO, I2C, SPI, UARTに対応した拡張コネクタを搭載
  • ケース(C1)モデル:専用ケースが付属

※ボード(U1)モデルは専用ケース非対応です。ケース(C1)モデルは拡張コネクタ非搭載です。

Armadillo-IoTゲートウェイ A6の製品ラインアップ

about_armadillo-iot-a6-01

技術情報

製品マニュアルのほかに、お客様の開発を支援する目的で技術情報を公開しています。アットマークテクノのFAE・エンジニアが執筆するブログをはじめ、HowtoやFAQがあります。これらのドキュメントを読んでも解決しなかった問題はフォーラムで質問することもできます。

周辺サービス

IoTサービス

services_node-eye
デバイス運用管理サービス「node-eye」(予定 ※2021年4月現在)

「デバイスの状態把握」と「設定・アップデート」の機能をクラウド経由で実現できるクラウドサービス「node-eye(ノードアイ)」に対応しています。デバイスの状況をリモートで確認し、設定までをクラウド経由で処理できるので、故障解析機能を実現したい場合などにも役立ちます。

node-eyeについて

開発・製造支援

services_ip
Armadilloインテグレーションパートナー

Armadilloをプラットフォームとした機器の設計開発、量産製造などを支援するサービスです。 パートナー各社所属で各分野に精通したプロフェッショナルが、ご相談に応じます。

Armadilloインテグレーションパートナーについて

ハードウェアカスタマイズ

services_bto
BTOサービス対応(予定 ※2021年4月現在)

量産製造の際は、セミオーダー式で必要なハードウェア構成を指定できる「BTOサービス」をご利用いただけます。ハードウェア構成の指定からROMイメージデータの書き込みまで指定いただけるので、開発したゲートウェイをより早く商品化したい場合に便利です。

BTOサービスについて


製品に関するご質問・量産についてのご相談はWebフォームからお問い合わせください。