LANUSBUARTI2C
WLANSDGPIOSPI
CANLCDAudioCamera

対応

拡張ボードで対応可能

非対応

IoT機器をスピーディに実現
組み込みプラットフォームArmadilloの最上位機種

Armadillo-X1は、Armadillo組み込みプラットフォームの最上位シリーズです。高性能SoC「i.MX 7Dual」(ARM Cortex-A7 Dual 1GHz)を搭載、アドオンモジュールや拡張インターフェースでの機能拡張にも対応し、IoT・エッジコンピューティング時代のあらゆる機器のプラットフォームとしてご利用いただけます。

通信機能つきのFA機器

クリックで拡大表示

店舗のポイントシステム端末

クリックで拡大表示

デジタルサイネージ

クリックで拡大表示

製品の特長

Armadillo組み込みプラットフォーム最高の処理性能

Armadillo-X1は、Armadillo組み込みプラットフォームの最上位シリーズです。CPUボードArmadilloの特長を継承しながら、高性能SoC「i.MX 7Dual」(ARM Cortex-A7 Dual 1GHz)を搭載しています。エッジコンピューティングを必要とするIoT機器のプラットフォームにもおすすめです。

ArmadilloブランドCPUボードの安心感

  • 動作温度範囲-20℃~+70℃をカバー
  • 小型・省電力設計
  • 技術情報を公開
  • 1年間の交換保証

拡張インターフェースで自由に機能拡張

拡張インターフェースで機能を追加

Armadillo-X1は100ピンの拡張インターフェースを搭載しています。カメラやタッチパネル液晶をはじめ、以下の機能を利用できるように設計されており、拡張ボードを開発することで、さまざまなシステムに対応することが可能です。

  • LCD I/F
  • カメラ I/F
  • Ethernet (GbE)
  • CAN
  • SDIO
  • オーディオ
  • UART
  • SPI
  • I2C
  • PWM
  • GPIO

拡張インターフェースに接続できる評価ボード

X1拡張ボード01

Armadillo-X1の拡張インターフェース(100ピン拡張コネクタ)に接続できる拡張ボードをオプションとして提供しています。
LCD、SD、USB、LAN(ギガビット・イーサネット)のインターフェースを評価することができます。

アドオンモジュール対応

アドオンモジュールとは

Armadillo-X1本体とBtoB(基板対基板)コネクタで接続できる、インターフェース拡張用のモジュールです。オプションとしてラインアップされている各種のアドオンモジュールを選択し、専用スロットに装着することで、シリアル(RS232C/422/485)や省電力無線通信など、さまざまなインターフェースを追加することができます。

※Armadillo-X1は、本体1台にアドオンモジュール1個分のスロットを搭載しています。

シリアル、I/O対応アドオンモジュール

RS232C、RS422/485などFA用途でよく使われるインターフェースの他、DI/DO/AD対応のアドオンモジュールも提供しています。
※オプション品としてArmadillo販売代理店からご購入いただけます。

RS232Cアドオンモジュール

RS232Cアドオンモジュール
型番:OP-AGA-RS00-00
※開発セットに同梱
●アットマークテクノ製

絶縁シリアルアドオンモジュール

絶縁シリアルアドオンモジュール
型番:OP-AGA-RS01-00
RS232C/422/485(D-Sub 9ピンオス)
●アットマークテクノ製

絶縁RS485アドオンモジュール

絶縁RS485アドオンモジュール
型番:OP-AGA-RS02-00
RS422/485(端子台:端子ピッチ3.5mm)
●アットマークテクノ製

絶縁IOアドオンモジュール

絶縁IOアドオンモジュール
型番:OP-AGA-DA00-00
●アットマークテクノ製

省電力無線通信対応アドオンモジュール

920MHz帯無線通信対応のアドオンモジュールを提供しています。
※アットマークテクノ製品は、オプション品としてArmadillo販売代理店からご購入いただけます。

Wi-SUNアドオンモジュール

Wi-SUNアドオンモジュール
型番:OP-AGA-WS00-00
●アットマークテクノ製

EnOceanアドオンモジュール

EnOceanアドオンモジュール
型番:OP-AGA-EN00-00
●アットマークテクノ製

パートナー製アドオンモジュール

パートナー各社から、920MHz無線通信モジュール搭載のアドオンモジュールが提供されています(ご購入については詳細ページに記載されている各社窓口までお問い合わせください)。

アドオンモジュールの情報を見る

アットマークテクノ製、パートナー製を含め、アドオンモジュールの動作確認情報を以下で公開しています。

アドオンモジュールの全ラインアップを見る
パートナー製アドオンモジュールを見る

すぐにつなげられるセンサーを提供

Armadillo製品本体に接続してすぐに使えるIoTセンサーをパッケージ化して提供しています。

温湿度・開閉・人感センサー「e-DISP・Z」(株式会社ディーディーエル製)

Armadillo製品本体とWi-SUNで通信する、温湿度・開閉・人感センサーです。株式会社ディーディーエル製のセンサー「e-DISP・Z(イー・ディスプ・ズィー)」を採用しています。

IoTセンサーパッケージ / e-DISP・Z(温湿度・開閉・人感)
温湿度・開閉・人感センサーと、専用Wi-SUNアドオンモジュールのセットです。

各社製センサーの動作確認情報を公開

他社製のセンサーの動作確認情報を[技術情報]メニューで随時公開しています。

Armadillo-X1と各社製センサーの動作確認情報

Debian GNU/Linuxプリインストール JavaやRubyにも対応

Armadillo-X1はDebian GNU/Linuxがプリインストールされており、PCライクな開発が可能です。オープンソースソフトウェアを含む多くのLinuxソフトウェア資産を活用して、ユーザーオリジナルのアプリケーションを自由に開発することができます。

開発言語

開発言語として、C/C++言語だけでなく、Oracle Javaやその他のスクリプト言語にも対応しています。
Armadillo-X1の出荷用ユーザーランドにはRubyインタプリタがプリインストールされており、Rubyを使ってArmadillo-X1上でネイティブ開発を進めることも可能です。また、Debianの提供する豊富なパッケージ群の中から、PythonやNode.jsなどの言語を自由にインストールできます。

開発環境

クロス開発には、無償のArmadillo専用開発環境「ATDE」をご利用いただけます(ATDE 6対応)。ATDEを使うことで、開発用PCの用意やツールのインストールなど開発環境を整える手間を軽減することができます。

ATDE(Atmark Techno Development Environment)とは
ATDEは、VMwareなど仮想マシンで動作するデータイメージで、Linuxデスクトップ環境をベースにGNUクロス開発ツールやその他の必要なツールが事前にインストールされています。ATDEの最新バージョンは、Armadilloサイトから無償でダウンロードできます。

ATDEの詳細

遠隔からArmadillo-X1の状態を監視・管理

Armadillo-X1はArmadillo本体の動作状況や設定をリモートから実施できるクラウドサービス「node-eye(ノード・アイ)」に対応しています。
「デバイスの状態把握」と「設定・アップデート」の機能をクラウド経由で実現します。デバイスの状況をリモートで確認し、設定までをクラウド経由で処理できるので、故障解析機能を実現したい場合などにも役立ちます。

量産向けセミオーダー・カスタマイズ

ROMイメージ書き込みサービス

量産向けに、製品本体にお客様ご指定のROMイメージを書き込んで出荷する「ROMイメージ書き込みサービス」を提供しています。 詳しくは以下の説明をご覧ください。

インテグレーションサービス

拡張ボードやデバイスドライバの開発を委託したい場合など、Armadilloをベースとしたモノづくりや組み込みLinux開発に関するコンサルティングをご希望のお客様向けに、 Armadilloをベースとしたモノづくりに精通するプロが所属する「Armadilloインテグレーションパートナー」をご紹介しています。
認定者が持つプロの知識と経験、各社の技術ノウハウを活かして、仕様策定から開発、量産・製造まで、Armadilloを使用したお客様のシステムを具現化するための各工程の効率化・迅速化をサポートします。詳しくは以下をご覧ください。

お問い合わせ

詳細やご購入に関するお問い合わせは、下記のWebフォームからお寄せください。