「Armadillo」は、IoT(Internet of Things) システムの実現を支える「IoTゲートウェイ」のプラットフォームとして、さまざまな場面でご利用いただけます。

アットマークテクノの「IoTデバイスプラットフォーム」

アットマークテクノは、IoTの“T”に必要な「ゲートウェイ」「センサー」「コネクティビティ」の各要素をモジュール化し、必要な要素をピックアップしてIoTの“T(Things)”を組み立てることができる仕組みを「IoTデバイスプラットフォーム」として提唱しています。詳細情報はこちらからご覧ください。

「IoT × Armadillo」の活用事例

Armadilloは、2002年の初代機発売以来、さまざまな場面でご利用いただいています。

ビル管理ソリューション

ドアに設置した人感センサや開閉センサのON/OFF情報を元に、ビルの照明や空調機器をIoTゲートウェイで制御。

おすすめArmadillo:
Armadillo-IoTゲートウェイG3
Armadillo-IoTゲートウェイG3L

HEMS/BEMSソリューション

パワコンをIoT化して発電状況や蓄電状況を見える化。Wi-SUNでスマートメーターと通信することも可能。

おすすめArmadillo:
Armadillo-IoTゲートウェイG3
Armadillo-IoTゲートウェイG3L
Armadillo-X1

スマートアグリ向け監視システム

IoTゲートウェイでビニルハウスの管理。温湿度センサや開閉センサのログを元に監視、異常時にはカメラ画像をクラウドへ送信。

おすすめArmadillo:
Armadillo-IoTゲートウェイG3
Armadillo-X1

スマートボックスシステム

宅配用スマートボックスやトランクルームの庫内温湿度の管理や入退室監視に。3G通信でログをクラウドにアップ。

おすすめArmadillo:
Armadillo-IoTゲートウェイG3

FA機器のIoT化

FA機器に組み込んで作業状況をクラウドで見える化。画像処理ミドルウェアで不良品判定などの機能を実装。

おすすめArmadillo:
Armadillo-X1

多機能キヨスク端末

キヨスク端末を遠隔監視。LCD拡張機能を使えば、タッチパネルなどの機能も追加実装できる。
 

おすすめArmadillo:
Armadillo-X1

IoTにおすすめのArmadilloシリーズ

筐体付きでモバイル通信モジュール搭載の「IoTゲートウェイ型」、シングルボードやモジュール形状で柔軟に拡張できる「組み込みボード型」、から選択いただけます。

IoTゲートウェイ型

そのままIoTゲートウェイ端末にできる形状・ハードウェアの設計開発が不要
3G/LTE標準対応

組み込みボード型

装置に組み込む前提・柔軟に拡張可能
拡張インターフェース搭載

IoTゲートウェイ型 組み込みボード型
Armadillo-IoTゲートウェイG3L Armadillo-IoTゲートウェイG3 Armadillo-X1
搭載SoC i.MX 7Dual(ARM Cortex-A7 Dual / コアクロック1GHz)
採用OS Debian GNU/Linux
センサーとの接続
  • USB
  • LAN
  • BT
  • RS232C/485(標準搭載)
  • USB
  • LAN
  • BT
  • アドオンモジュール対応
    (RS232C/422/485、デジタル入出力、アナログ入力、Wi-SUN、EnOcean 他)
※センサーパッケージ対応
インターネットとの接続
  • LTE
  • LAN
  • WLAN
  • 3G
  • LAN
  • WLAN
※パートナー製拡張モジュールでLTE対応可能
  • LAN
  • WLAN
※3G/LTEに対応する場合は別途拡張ボードを開発(USB拡張)
組み立て工程 BTOサービス対応
ケーシングまで対応可
BTOサービス対応
装置の筐体は個別に開発
オペレーションサービス デバイス運用サービス「node-eye」対応
その他の特徴 LCD拡張可能
開発セットが割安

Armadilloだから実現できること

組み込みプラットフォーム「Armadillo」だから実現できる、安定したモノづくり。
詳しくは「Armadilloとは」の各説明ページをご覧ください。