Armadilloフォーラム

Armadillo-640のCON3で取得したシリアルデータをCON2経由でサーバーPCへ送信したいのですが

hirama

2020年1月30日 14時37分

Armadillo-640のRS232C通信ポートCON3で取得したシリアルデータを
LANポートCON2経由でサーバーPCへ送信するプログラムを動作させたいのですが

参考にしようと Linux-v4.14-at16 の driver/tty や /net 以下のソースを見てドライバ7を作成してから
一連のプログラムを作成しようとしていますが、どのように手を加えていっていいかわかりません。
参考資料の照会、説明および作成のヒント等いただけないでしょうか?

ファイル編集は、Armadilloボード上、ATDE、WindowsPC上いずれでもでき、すべて転送できるようにはなりました。
ありがとうございます。


コメント

at_makoto.sato

2020年1月30日 16時26分

佐藤です。

1点確認させてください。
ドライバに手を加えたい理由は何かありますでしょうか。

hirama

2020年1月30日 17時16分

> 佐藤です。
>
> 1点確認させてください。
> ドライバに手を加えたい理由は何かありますでしょうか。
接続対象の通信条件に合わせて変更したいため、
現在、CON3 は /dev/ttymxc2 で 9600bps になっていますが、それをパラメータで変更したいためです。

at_makoto.sato

2020年1月31日 9時27分

佐藤です。

> 現在、CON3 は /dev/ttymxc2 で 9600bps になっていますが、それをパラメータで変更したいためです。
上記であれば stty コマンドでも変更できますので、そちらのほうがよいかと思います。
115200 に変更したい場合の例

[a640]# stty -F /dev/ttymxc2 115200

hirama

2020年1月31日 14時16分

> 佐藤です。
>
> > 現在、CON3 は /dev/ttymxc2 で 9600bps になっていますが、それをパラメータで変更したいためです。
> 上記であれば stty コマンドでも変更できますので、そちらのほうがよいかと思います。
> 115200 に変更したい場合の例
>
> [a640]# stty -F /dev/ttymxc2 115200
>

これでbps が変わりました。
ところで、RS-232CのRTS、DTR等の信号制御したり、CON3受信データによって、LANポートCON2 先のサーバー先へ変換した文字データをファイルに吐き出すプログラムを作成して稼働させたいのですが、参考にできるソースファイルは Linux-v4.14-at16 のどのファイルを元にすればよろしいでしょうか?(他にもっと良い参考プログラムのソースがあれば、それも教えてください。)
基本的なことをお聞きしてすみませんが、宜しくお願いします。