警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : 3G/LTEモジュールの設定を確認・変更する「ATコマンド」の実行方法

対象製品: Armadillo-IoT G3Armadillo-IoT G3L

このHowtoでは、Armadillo-IoT G3/G3L(以下Armadillo)で3G/LTEを使用する際に、3G/LTEモジュールの設定を確認・変更するための「ATコマンド」についてご紹介します。

ATコマンドは、正式名称を「Hayes Command Set」といい、米国Hayes社が開発した、モデムに命令を送るためのコマンドです。

ATコマンドの一覧

ATコマンドには3G/LTEモジュールごとに固有のコマンドと、共通規格として定められたコマンドがあります。 共通規格としてのATコマンドは、以下を参照してください。
Various extensions to V.250 basic command set
3GPP TS 27.007

実際にATコマンドを使用する場合は、3G/LTEモジュールによって同じコマンドでも挙動が異なる場合があるため、モジュールごとのドキュメントをご確認の上、使用してください。
Armadilloで使用されている3G/LTEモジュールのドキュメントは以下になります。

製品 3G/LTEモジュール ドキュメント
Armadillo-IoT G3 M1モデル EC25-J https://www.quectel.com/Qdownload/EC25.html
Armadillo-IoT G3(PDS6-J搭載品) PDS6-J Cinterion(R) PDS6-J ドキュメント
Armadillo-IoT G3L ELS31-J Cinterion(R) ELS31-J ドキュメント

ATコマンドの使用方法

ModemManagerの停止

Armadilloで動作しているModemManagerでは、モジュールにATコマンドを実行することで制御を行っています。
そのため、ModemManagerの動作中に外部からATコマンドを送信すると、ModemManagerが正しく動作しない可能性があります。
ModemManagerを停止するには、Armadilloで以下のコマンドを実行してください。

[armadillo ~]# service connection-recover stop
[armadillo ~]# service ModemManager stop

ATコマンドの実行

お使いの製品によって、ATコマンドを送信するためのデバイスが異なります。
製品ごとに、ATコマンドを送信するデバイスに接続する方法を紹介します。

Armadillo-IoT G3 M1モデル

[armadillo ~]# cu -l /dev/ttymxc6 -s 115200

Armadillo-IoT G3(PDS6-J搭載品)

[armadillo ~]# cu -l /dev/ttyACM5 -s 115200

Armadillo-IoT G3L

[armadillo ~]# cu -l /dev/ttymxc6 -s 115200

コマンドを入力し、connectedと表示されたら、ATコマンドを実行することができます。

デバイスとの接続を終了する場合は、「~.」を入力してください。

~.
Disconnected.
[armadillo ~]#

ATコマンド実行例

例として、Armadillo-IoT G3 M1モデルでATコマンドを送信し、SIMカードの情報を確認する例を以下に示します。

3G/LTEモジュールに接続

[armadillo ~]# service connection-recover stop
[armadillo ~]# service ModemManager stop
[armadillo ~]# cu -l /dev/ttymxc6 -s 115200
Connected.

ローカルエコーを有効にする

ローカルエコーが無効になっていると、入力したATコマンドを確認することができません。
「ATE1」を送信すると、「OK」と表示されローカルエコーが有効になります。

Connected.
(「ATE1」を送信)
OK

3G/LTEモジュール、SIMカードの情報をATコマンドで確認する

AT+CGSN
(15桁のIMEIが表示される)

OK
AT+CIMI
(15桁のIMSIが表示される)

OK
AT+CNUM
(SIMの電話番号が表示される)

OK
~.
Disconnected.
[armadillo ~]#

send-atコマンドを使用する

Armadilloには、ATコマンドを送信するためのsend-atコマンドが実装されています。
以下のようにsend-atを実行することで、3G/LTEモジュールにATコマンドを送信することができます。1

[armadillo ~]# send-at /dev/ttymxc6 'ATE1'

  1. send-atは送信専用であるため、ATコマンドの結果は表示されません。 ↩︎

カテゴリ: