警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : 3G/LTEを使用する際に通信料金を見積もる方法

対象製品: Armadillo-IoT G3Armadillo-IoT G3L

このHowtoでは、Armadillo-IoT G3/G3L(以下Armadilloと記載)で3G/LTEを使用する際に通信料金を見積もる方法についてご紹介します。 本Howtoは、SIM契約の「従量課金」を「選択している」または「検討している」お客様向けの内容となっています。

概要

3G/LTE通信を使用するアプリケーションを設計する際、SIMを選定して契約するかと思われます。
SIMを契約する上で、主に以下のようなコストが発生します。

  • 初期費用
  • 基本料金
  • 従量課金 または パケット定額

「初期費用」「基本料金」はSIMごとの契約内容によって決まっています。
上記に加え、「従量課金」または「パケット定額」を選定することになります。
「従量課金」は1MBあたりのデータ通信量ごとに課金額が決まっているため、お客様のアプリケーションを一定時間動作させた通信量から「1月あたりの通信料金」を計算することが可能です。
これにより「従量課金」「パケット定額」どちらのコストが安いかなどの「見積もり」を立てることができます。

今回は以下のような測定箇所別の「1月あたりの通信料金」見積もり方法をご紹介します。

  • 通信事業者提供のwebサービスなどで測定
  • Armadillo側で測定

通信事業者提供のwebサービスなどで測定

IIJやSORACOMなどの電気通信事業者は、通信量や利用料金を確認できるwebサービスを提供しています。
サービスによっては日ごとの通信量を閲覧できるため、そこから「1月当たりの利用料金」を測定することができます。

詳細はご利用SIMの電気通信事業者webを確認してください。

Armadillo側で測定

Armadilloではコマンドで「起動後からの通信量」と「動作時間」を取得することができます。
実際にアプリケーションを動作させ、コマンドで取得した上記データから通信料金を見積もることが可能です。

この方法にて測定した通信料金は、「通信事業者提供のwebサービス」と多少の誤差が発生する可能性があるため「目安」としてご活用ください。

起動後からの通信量

通信量は「/proc/net/dev」にcatコマンドを実行することで取得できます。
以下にコマンド実行結果の例を記載します。

[armadillo ~]# cat /proc/net/dev
Inter-|   Receive                                                |  Transmit
 face |bytes    packets errs drop fifo frame compressed multicast|bytes    packets errs drop fifo colls carrier compressed
  sit0:       0       0    0    0    0     0          0         0        0       0    0    0    0     0       0          0
  gre0:       0       0    0    0    0     0          0         0        0       0    0    0    0     0       0          0
 tunl0:       0       0    0    0    0     0          0         0        0       0    0    0    0     0       0          0
ip6gre0:       0       0    0    0    0     0          0         0        0       0    0    0    0     0       0          0
    lo:   65982     818    0    0    0     0          0         0    65982     818    0    0    0     0       0          0
  ppp0: 21961181   16165    0    0    0     0          0         0   622127   10712    0    0    0     0       0          0
  eth0:       0       0    0    0    0     0          0         0        0       0    0    0    0     0       0          0
ip6_vti0:       0       0    0    0    0     0          0         0        0       0    0    0    0     0       0          0
gretap0:       0       0    0    0    0     0          0         0        0       0    0    0    0     0       0          0
ip6tnl0:       0       0    0    0    0     0          0         0        0       0    0    0    0     0       0          0

コマンド実行結果から、対象となるインターフェース名の「Receive」と「Transmit」の「bytes」を確認します。
インターフェース名は、各Armadillo製品によって変化します。

使用Armadillo機 インターフェース名
Armadillo-IoT G3 ppp0
Armadillo-IoT G3 M1 ppp0
Armadillo-IoT G3L usb1

起動時間

起動時間はコマンド「uptime」で確認可能です。

[armadillo ~]# uptime
 06:52:10 up  1 days,  6:30,  1 user,  load average: 0.00, 0.00, 0.00

上記結果から、起動時間は「1 days, 6:30」(30時間30分)です。
コマンド結果の詳細は「manページ」を参照してください。

測定

前項目「起動後からの通信量」「起動時間」で取得した値から「1月あたりの通信量」を測定します。
今回は1月を30日として計算します。

Receive
(21961181 / 30.5) * 24 * 30 = 51842786 byte/月
Transmit
(622127 / 30.5) * 24 * 30 = 14686277 byte/月

SIMの契約内容を確認の上、通信料金を見積もります。
例:契約内容「データ通信料 0.2円/MB~」の場合

Receive
(51842786 / 1000000) * 0.2 = 10.3685572 円/月
Transmit
(14686277 / 1000000) * 0.2 = 2.9372554 円/月

通信料金見積もり時の注意点

通信料金を見積もる際、1月あたりの通信料金の他に「ソフトウェアアップデート時の通信料金」を見積もることをお勧めします。
3G/LTEを使用したソフトウェアアップデート時に通信量が増大するため、「一回にかかる通信料金」を算出することで事前にかかる費用を把握することができます。

カテゴリ: