警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-IoT G3/X1で「オプテックス株式会社製 ワイヤレス在室検知センサ CPI-J」の信号を検知する

対象製品: Armadillo-IoT G3Armadillo-X1

このHowToでは、Armadillo-IoT G3/X1(以下、Armadillo-IoT) を用いた「オプテックス株式会社製 ワイヤレス在室検知センサ CPI-J」 (以下、CPI-J)のデータ検知手順について紹介します。
CPI-Jはリチウム電池CR-123Aと搭載されたソーラーバッテリーの電力で駆動し、人体を検知した際にEnOceanで信号を送信します。

詳細な仕様につきましては、CPI-Jの取扱説明書をご確認ください。

動作要件条件

CPI-JのデータはEnOceanで送信されるため、Armadillo-IoTに「Armadillo-IoT EnOcean アドオンモジュール EN00」(以下、EN00)が必要となります。

EN00は、ttyデバイスファイルから制御することができます。
ttyデバイスファイルは、ご利用になるArmadillo-IoTの種類と、EN00を接続するアドオンインタフェースによって異なります。
Armadillo-IoTの種類及びアドオンインターフェースと、ttyデバイスファイルの対応を以下に記載します。

Armadillo-IoTの種類 アドオンインタフェース  ttyデバイスファイル
Armadillo-IoT G3 CON1 ttymxc0
Armadillo-IoT G3 CON2 ttymxc1
Armadillo-IoT X1 CON1 ttymxc6

このHowtoでは例として、各機器を以下の条件で使用します。

■CPI-J

  • 高さ2.5mの天井に設置

■Armadillo-IoT

  • 「Armadillo-IoT G3」のCON1にEN00を接続

送信されるデータの種類

CPI-Jが送信するデータの種類は、以下の3つです。

  • 人体検知時(以下、「検知信号」)
  • 一定時間、人体が検知されなかった時(以下、「不在信号」)
  • 本体側面の「ペアリングボタン」を5秒以上押し続けた時

Pythonによるデータ受信

CPI-Jが送信する信号の内、検知信号・不在信号を受信し表示するプログラムを作成しました。

以下のリンクより必要な各ファイルをダウンロード可能です。
https://download.atmark-techno.com/misc/howto_armadillo_optex_cpi-j/

以下に実行手順を記載します。
1.enocean_sensor.py、enocean_sensor.conf、requirements.txtをArmadillo-IoT上に配置
2.必要なパッケージをインストール

[armadillo ~]# apt-get update
[armadillo ~]# apt-get install python python-pip
[armadillo ~]# pip install -r requirements.txt

3.設定ファイル「enocean_sensor.conf」を適切な値に設定する
以下、設定ファイル例

[core]
port=/dev/ttymxc0

[sensor]
room1=CPI_J,05:00:2E:A3
  • port:使用するシリアルポート
  • room1:「センサー名」「センサーデバイスID」 room*は複数指定可能
    変数名は変更可能

[sensor]において指定しているセンサーデバイスID(Module ID)は、下図のように当センサの取り付けプレートを外した製品裏側に記載されています。

CPI-J裏面

4.「enocean_sensor.conf」を「/etc/enocean_sensor.conf」に配置

5.「python enocean_sensor.py」コマンドで実行

このプログラムを実行することで、次のような結果が得られます。

{"CPI_J","2018-10-05 13:09:14","sensor_id=05:00:2E:A3","Detection signal"}
{"CPI_J","2018-10-05 13:14:10","sensor_id=05:00:2E:A3","Absence signal"}
...

「Detection signal」と表示されているのは検知信号を表します。
また、「Absence signal」と表示されているのは不在信号を表します。CPI-Jが不在信号を送信するタイミングについては、取扱説明書をご確認ください。

このようにデータ検知を行った後、「クラウドにアップロード」「ログファイルに保存」等の運用が可能です。

カテゴリ: