Howto

Armadillo-IoT ゲートウェイ G4のUSBコンソール向けデバイスドライバをWindowsにインストールする方法

Windows上にArmadillo-IoT ゲートウェイ G4のUSBコンソール向けデバイスドライバをインストールする方法について説明します。
Armadillo-IoT ゲートウェイ G4をWindowsもしくは、Windows上で動作するVirtualBoxでシリアルポートとして認識するには、デバイスドライバが必要となります(VMwareの場合はデバイスドライバは不要です) 。 以下の画像のように、デバイスドライバが入っていない状態でWindowsにArmadillo-IoT ゲートウェイ G4を接続した場合、「CP2102N USB to UART Bridge Controller」と表示され、シリアルポートとして認識されません。

デバイスドライバのダウンロード

Armadillo-IoT ゲートウェイ G4のUSBコンソール向けデバイスドライバは以下からダウンロードできます。
CP210x USB - UART ブリッジ VCP ドライバ

「CP210x Windows Drivers」をクリックすることで、「CP210x_Windows_Drivers.zip」がダウンロードされますので、解凍ソフト等を使用して展開してください。

デバイスドライバのインストール

展開したフォルダ「CP210x_Windows_Drivers」にある、「CP210xVCPInstaller_x64.exe」か「CP210xVCPInstaller_x86.exe」をお使いの環境に合わせて実行し、デバイスドライバをインストールしてください。

デバイスドライバの確認

デバイスドライバをインストールすると、デバイスマネージャで以下の画像のように、「ポート(COMとLPT)」の中に「Silicon Labs CP210x USB to UARD Bridge」と表示され、シリアルポートとして認識されます。