警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-640でMQSオーディオを使う

対象製品: Armadillo-640

MQSを使用してオーディオの再生を行なう方法を紹介します。再生を行なうアプリケーションにはalsa-utilsを使用します。

なお、本Howtoでは、以下の環境を想定しています。

項目 動作確認環境
対象製品 Armadillo-640
Linuxカーネル linux-v4.14-at12.tar.gz
ATDE ATDE7(v20190527)
at-dtweb バージョン2.1.0
alsa-utils バージョン1.1.3-1

1.MQSデバイスを有効にする

MQSデバイスを有効にします。ここではat-dtwebを利用してDevice Treeファイルを構成し、Armadillo-640へ書き込む手順を紹介します。
at-dtwebの詳しい利用法に関してはArmadillo-640製品マニュアルの「Device Treeをカスタマイズする」を参照してください。

1. MQSのアサイン

MQSを17,18ピンへアサインして、Saveボタンを押してください。
加えて、CON9のシリアルコンソール出力が必要な場合はUART1(RXD/TXD)を3,5ピンへアサインしてください。

2. DTBファイルの書き込み

at-dtwebで生成したDTBファイルは以下にありますので、scp等でArmadillo-640へ転送してください。
以下はscpで転送する例です。1


[ATDE ~]$ ls linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot/dts/armadillo-640-at-dtweb.dtb 
linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot/dts/armadillo-640-at-dtweb.dtb
[ATDE ~]$ scp linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot/dts/armadillo-640-at-dtweb.dtb atmark@[ArmadilloのIPアドレス]:~/

DTBファイルを書き込み、再起動します。


[armadillo ~]# cd /home/atmark
[armadillo /home/atmark]# mount /dev/mmcblk0p2 /mnt
[armadillo /home/atmark]# cp armadillo-640-at-dtweb.dtb /mnt/boot/a640.dtb
[armadillo /home/atmark]# umount /mnt
[armadillo /home/atmark]# reboot

2.スピーカーを接続する

以下の回路図を参考にして、アンプやスピーカーを接続してください。

3.alsa-utilsで再生を行う

alsa-utilsをインストールします。


[armadillo ~]# apt-get update
[armadillo ~]# apt-get install alsa-utils

以下のコマンドでMQSデバイスが認識されているか確認できます。


[armadillo ~]# aplay -l
**** List of PLAYBACK Hardware Devices ****
card 0: mqsaudio [mqs-audio], device 0: HiFi fsl-mqs-dai-0 []
  Subdevices: 1/1
  Subdevice #0: subdevice #0
card 0: mqsaudio [mqs-audio], device 1: HiFi-ASRC-FE (*) []
  Subdevices: 1/1
  Subdevice #0: subdevice #0  

以下のコマンドでオーディオファイルを再生できます。再生したいファイルはあらかじめ転送しておいてください。


[armadillo ~]# aplay -D hw:0 [ファイル名]

再生可能なファイルフォーマットは、-h オプションで確認できます。


[armadillo ~]# aplay -h

  1. Linuxカーネルソースのディレクトリの場所は各自の環境で読み替えてください ↩︎

カテゴリ: