Armadillo 製品アップデートのお知らせ (2018年1月/Armadillo-IoT G3L対象)

Armadillo-IoT ゲートウェイ G3Lのアップデートを行いました。

このリリースはダウンロードページからダウンロード可能です。

ドキュメント

Armadillo-IoT ゲートウェイ G3L 製品マニュアル (v1.5.0)

  • 電源電圧監視コマンドvintriggerについての記載を追加

ブートローダー U-Boot (v2016.07-at13)

  • i.MX7 DualのUART3_CTS(GPIO4_IO7)が意図せず3.3V出力になっていたため、GPIOの入力プルダウンに変更
    • Armadillo-IoT G3L ではカーネル起動後に再度、該当PINの設定を行うため動作に問題がありません

Linux カーネル (v3.14-x1-at20)

  • Armadillo-IoT G3/Armadillo-X1でEnOceanアドオンモジュール(型番: OP-AGA-EN00-00)が正しく初期化されない不具合を修正
    • ※Armadillo-IoT G3/Armadillo-X1と共通リソースであるため同時に更新となりますが、Armadillo-IoT G3Lの動作に影響はありません

atmark-x1-base (v1.5.2-1)

  • vintriggerをArmadillo-IoT G3Lに対応

Debian GNU/Linux 8(jessie)ユーザーランド

  • atmark-x1-baseを1.5.2-1に更新
  • 他、ビルド時点における最新のパッケージに更新

標準イメージファイル