Armadillo 製品アップデートのお知らせ (2018年11月/Armadillo-640対象 2回目)

Armadillo-640をアップデートしました。

このリリースはダウンロードページ、またはユーザーズサイトからダウンロード可能です。

Linux カーネル (v4.14-at9)

  • USB_OTG2_VBUS2のOFFを可能にするワークアラウンドを標準で有効化するため、DTS(Device Tree Source)を変更1
  • SNVS RTC(i.MX6ULLのRTC)を有効化
  • WLAN/RTC拡張ボードのRTCが優先的に rtc0 となるよう、DTS(Device Tree Source)でエイリアスを設定
  • video: fbdev: mxsfb: ioctl(FBIO_WAITFORVSYNC)に対応
  • video: fbdev: mxsfb: imx_4.9.11_1.0.0_gaの不具合対応等の有益なcommitをマージ
  • awl13 デバイスドライバーのビルド時にWarningが出ないよう修正

Debian GNU/Linux ユーザーランド

Debian GNU/Linux ルートファイルシステム 構築ツール

ドキュメント

使用上の注意: Armadillo-640のUSB_OTG2_VBUS2電源をOFFできない(v2.0)

  • 対象となるソフトウェアリビジョンを修正2

Armadillo-640 製品マニュアル (v1.5.0)

  • 製品ラインアップに A6400-B00Z、A6400-N00Z を追加
  • 「CON8、CON9、CON14(拡張インターフェース)」、「CON11(LCD 拡張インターフェース)」に、同じ信号は複数のピンで同時利用できないことを記載
  • i.MX6ULL の RTC への時刻設定に対応
    • 「Linux カーネル仕様」に i.MX6ULL の RTC 機能の情報を追加
    • 「RTC」にハードウェアクロックの設定手順、systemdtimesyncd.serviceを停止する手順を追加
  • 「RTC」にタイムゾーンの変更手順を追加
  • 「イメージファイルの書き換え方法」に WLAN/RTC オプションの dtb の利用方法を記載
  • 「終了方法」に poweroff での Armadillo-640 の終了方法に関する情報を追加
  • 誤記修正

Howto

Howto : Armadillo-640: CON3、CON4(シリアルインターフェース)をコンソールとして利用する

  • CON3、CON4(シリアルインターフェース)をコンソールとして利用する方法を紹介しています

標準イメージファイル


  1. v4.14-at8でワークアラウンドのためのデバイスドライバーが組み込まれていたが、DTS(Device Tree Source)が変更されていなかったため、標準ではデバイスドライバーが有効になっていなかった。 ↩︎

  2. アットマークテクノのユーザーズサイトからダウンロード可能です。 ↩︎