開発環境・ツール

開発環境 ATDE9 (VMware仮想イメージファイル)

ATDE9 は、Debian GNU/Linux 11 (“Bullseye”) をベースにした開発環境です。開発PCのアーキテクチャがi386/amd64のどちらであってもamd64用イメージが使用できます。

※仮想化支援技術(Intel VT-xやAMD-V)が利用可能な状態である必要があります。

VMware仮想イメージファイル

ATDE9 (amd64向け VMware仮想イメージファイル) v20221024 2.31 GB md5

※tar.xz形式の展開方法については、「Howto : tar.xz形式の圧縮ファイルを展開するには」をご覧ください。
※ATDE9 は amd64 向けイメージファイルのみ提供しています。

対象製品

次の製品の推奨開発環境となります。
対応しているArmadilloブランド製品以外の開発環境としては正しく使用できない場合がありますので、ご注意ください。

  • Armadillo-IoTゲートウェイ G4
  • Armadillo-IoTゲートウェイ A6E

ATDE 9にインストールされているソフトウェア

インストール済みパッケージリスト v20221024 363.46 KB md5

ATDEについて

ATDEはArmadilloシリーズ専用の開発環境です。
詳細は「ATDEについて」をご覧ください。