製品の特長

ARM9プロセッサ搭載・ベーシックなシングルボード型

ARM9プロセッサ(NXP(旧 Freescale) i.MX257, CPUクロック400MHz)搭載の組み込みプラットフォームです。75×50mmの小型サイズのCPUボードで、シリアル、LAN、USB 2.0、microSD スロット、GPIO といった組み込みシステムに求められる機能を搭載した組み込みやすいデザインが特長です。

Armadillo-420は、シンプルな機能のシングルボード型通信機器などに最適です。量産ボードも1台から購入で少量生産にも対応可能。専用ケース(樹脂製/金属製)も用意しており、Linuxマイクロサーバーなどの用途にもおすすめです。

ボード外観

LinuxOSプリインストール

OSとしてLinuxを採用し、デバイスドライバや開発環境をWebサイトで無償公開しています。

プラットフォームの構成

※リード部品未実装の量産ボードは、ブートローダーのみプリインストールされています。

パートナーソリューション:各種ミドルウェアなどを提供

Linux以外のOSや高速起動ソリューションなど、他社製のソフトウェアソリューションがArmadillo-400シリーズ向けに提供されています。詳細はユーザーズサイトからご覧ください。

パートナーソリューション一覧

量産向けセミオーダー・カスタマイズ

ROMイメージ書き込みサービス

量産向けに、製品本体にお客様ご指定のROMイメージを書き込んで出荷する「ROMイメージ書き込みサービス」を提供しています。 詳しくは以下の説明をご覧ください。

インテグレーションサービス

拡張ボードやデバイスドライバの開発を委託したい場合など、Armadilloをベースとしたモノづくりや組み込みLinux開発に関するコンサルティングをご希望のお客様向けに、 Armadilloをベースとしたモノづくりに精通するプロが所属する「Armadilloインテグレーションパートナー」をご紹介しています。
認定者が持つプロの知識と経験、各社の技術ノウハウを活かして、仕様策定から開発、量産・製造まで、Armadilloを使用したお客様のシステムを具現化するための各工程の効率化・迅速化をサポートします。詳しくは以下をご覧ください。

お問い合わせ

詳細やご購入に関するお問い合わせは、下記のWebフォームからお寄せください。