• IoTセンサー技術「Degu(デグー)」専用ゲートウェイ
  • Thread®通信によるメッシュネットワーク対応
  • 3G/LTEまたはLANでインターネット接続
  • クラウド(AWS / Microsoft Azure)のデータハブと簡単に連携

※Deguの詳細はDeguサイトをご覧ください。

製品の特長

IoTセンサー「Degu」対応のゲートウェイ

「Deguゲートウェイ」は、オープンソースのIoTセンサー技術「Degu(デグー)」対応のIoTゲートウェイです。
Deguセンサーが取得したセンシングデータを無線IP通信経由で受信し、3G/LTEやLANを経由してIoTプラットフォーム(AWSまたはMicrosoft Azure)上のデータハブに転送します。

Deguの全体像

簡単3ステップでクラウド連携・開発レス

Deguゲートウェイ G3は、Deguセンサーとクラウドの間を中継する機能に特化しています。必要なデバイスドライバやアプリケーションはプリインストールされているので、ネットワーク接続の設定を行い、IoTプラットフォームで個体認証の設定を行えば、すぐにDeguゲートウェイとして動作します。

Deguゲートウェイを含むThread®ネットワークにDeguセンサーを追加したいときは、Deguゲートウェイにアクセスして設定を行います。登録に必要な情報は各Deguセンサーに貼付されたシールに記載しており、QRコードを利用してスマートフォン経由で簡単に登録することができます。

対応するクラウド(IoTプラットフォーム)

2019年7月現在、AWSに対応しています。クラウド連携の方法については、Deguユーザーマニュアルをご覧ください。

※Deguユーザーズマニュアルは、Deguサイトの[Resources]メニューからご覧いただけます。
Deguサイト

Threadアドオンモジュール搭載

Deguゲートウェイ G3は、Thread®での無線IP通信が可能です。Threadはノード同士が網目状に相互通信する「メッシュネットワーク」に対応していることが特長で、安定した通信環境を低消費電力で構築することができます。

Deguゲートウェイをはじめて使う

Deguゲートウェイ G3をはじめてお使いになるときは、Deguゲートウェイ G3本体の他、ケーブルやACアダプタなど必要なもの一式が同梱されている「開発セット」をおすすめします。その他、DeguベースユニットやGroveスターターキットを含む「トータルパック」も各販売店で取扱いしています。

※Deguをお試しの際は、Deguセンサー向けのベースユニットおよびGroveスターターキットをご利用いただくことをおすすめします。詳細のラインアップについては、各販売店窓口へお問い合わせください。

Degu関連製品販売店窓口一覧(Deguサイト)

Deguラインアップ

Armadillo-IoTゲートウェイ G3でDeguを試す

Deguゲートウェイ G3のハードウェアは、Armadillo-IoTゲートウェイG3 M1モデルをベースとしています。すでにArmadillo-IoTゲートウェイ G3 M1モデルをお持ちの場合は、TH00 Threadアドオンモジュール(オプションとして別売)を接続し、専用のdebianパッケージをインストールすることで、Deguゲートウェイとして利用いただくことも可能です。詳細はDeguユーザーマニュアルをご覧ください。

Deguユーザーマニュアル(Deguゲートウェイマニュアル)

Deguゲートウェイの量産

Deguゲートウェイを量産するときは、本体のみ(アンテナ付き)でご購入いただける「量産品」モデルをおすすめします。
量産品は1台から購入いただくことができ、ACアダプタなどはオプション品として提供しています。また、量産製造時は、セミオーダー式で必要なオプションやイメージ書き込みの有無などを指定できる「BTOサービス」で、お好みのハードウェア構成のIoTゲートウェイの製造・キッティングまでを承ります。
詳しくは以下のWebフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ

詳細やご購入に関するお問い合わせは、下記のWebフォームからお寄せください。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。