Armadilloフォーラム

ルートファイルシステムアーカイブの作成

tsato

2021年10月7日 10時13分

お世話になります。

Debian GNU/Linuxルートファイルシステムアーカイブの作成をしようとしています。
下記の手順の「dump_rootfsによる方法」を試してますが、ファイルが作成されません。
https://manual.atmark-techno.com/armadillo-guide-std/armadillo-guide-st…

まずdumprootfsパッケージをインストールしました。版数は以下です。
 root@armadillo:~# apt list --installed | grep dumprootfs
 WARNING: apt does not have a stable CLI interface. Use with caution in scripts.
 dumprootfs/stretch,now 1.1.0-1 all [installed]
"dumprootfs -c || echo NG"コマンドは応答無しでした。(対応済み?)
保存先はデフォルトの"/dev/sda1"で、FAT32の32GByteUSBメモリを挿入済みです。
ここで"dumprootfs"を実行するとrebootしますが、途中コンソールでエラー?らしき表示後通常のログイン画面になります。
コンソール全てだと長くなるのでとりあえず幾つか抜粋しますと、以下の表示が出てました。
  fdisk: cannot open : No such file or directory
  dump_rootfs has failed.
まずは上記で何か手順間違いがあるか分かりますでしょうか。

一点気になった点としては、dumprootfsをインストールした際に/etc/dumprootfs/ディレクトリに生成されるのは、
手順にある"do_dump_rootfs"と"dump_excludes"ではなく、代わりに"dumprootfs.conf"と"excludes.list"でした
また、本来ある3つのパラメータと除外設定は"dumprootfs.conf"と"excludes.list"の中に記載されていました。

よろしくお願いします。

コメント

tsato

2021年10月7日 11時39分

お世話になります。

追加情報ですが、dumprootfsのログが出力されてましたので、そちらを添付します。

よろしくお願いします。

ファイル ファイルの説明
dump_rootfs.log

at_akihito.irie

2021年10月7日 16時08分

入江です。

> 下記の手順の「dump_rootfsによる方法」を試してますが、ファイルが作成されません。

ご迷惑おかけして申し訳ございません。
おそらくdumprootfsの不具合です。

ワークアラウンドですが、FAT32のUSBメモリをご使用されている前提でしたら、
/etc/dumprootfs/dumprootfs.confの、force_formatをnoにすることで動作す
るかと思います。

[armadillo]# grep "force_format" /etc/dumprootfs/dumprootfs.conf
force_format=no

本不具合は後日修正予定です。

> 一点気になった点としては、dumprootfsをインストールした際に/etc/dumprootfs/ディレクトリに生成されるのは、
> 手順にある"do_dump_rootfs"と"dump_excludes"ではなく、代わりに"dumprootfs.conf"と"excludes.list"でした
> また、本来ある3つのパラメータと除外設定は"dumprootfs.conf"と"excludes.list"の中に記載されていました。

こちらについては参考にされているドキュメントのバージョンが古いようです。

2021/10/07時点で最新版は以下です。
https://manual.atmark-techno.com/armadillo-guide-std/armadillo-guide-st…

tsato

2021年10月8日 9時46分

お世話になります。

ご指示どおりforce_format=noに設定したら、ファイルシステムアーカイブのファイルを作成することが出来ました。
ありがとうございました。

tsato

2021年10月22日 9時14分

お世話になります。

その後の展開で追加質問になりますが、
ルートファイルシステムアーカイブ作成後の書き換えについて、説明書の11.2.4章を参考に行ってますが、
アーカイブ作成した同一の端末へは正常に復元が出来ましたが、
別のX-1の端末へこのアーカイブを展開したところ、有線LANのコネクションに"Wired connection 1"と"Wired connection 2"が作成されてしまい、LANケーブルを挿すと"Wired connection 2"がDEVICE”eth0”となってしまいます。
元々のルートファイルシステムアーカイブでは、"Wired connection 1"が"eth0"となっていて、固定IPアドレスの設定に変更していました。
アーカイブ作成時の除外設定excludes.listはデフォルトから変更していません。

確認したところ、"Wired connection 1"のUUIDがアーカイブ元と同じで、別のX-1の端末とUUIDが異なるため"Wired connection 2"が自動作成されたのかとの推測です。
なので/etc/NetworkManager/system-connetions/Wired connection 1を除外リストに加えれば良いかと思いましたが、
そうすると元のアーカイブの固定IPアドレスの設定が引き継がれなくなりそうです。
別のUUIDのネットワーク設定に元の固定IPアドレスの設定のみを展開させるようなシステムアーカイブの作成なんて方法はありますでしょうか。
また、ネットワーク設定は引き継げない(IPアドレス固定化は手動で行う)場合、除外するファイルは上記の/etc/NetworkManager/system-connetions/Wired connection 1のみで良さそうでしょうか。

よろしくお願いします。