Armadilloフォーラム

デバイスツリーファイルについて

yasuda0108

2021年12月23日 16時36分

「9.1.4章 入出力デバイスを扱う」にて、「デバイスツリーファイルを適切に設定してください」とありますが、
設定方法はどこかに記載がありますでしょうか。

https://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot-g4/armadillo-iotg-g4_pro…

コメント

at_shinya.koga

2021年12月23日 18時33分

アットマークテクノの古賀です。

yasuda0108さん:
>「9.1.4章 入出力デバイスを扱う」にて、「デバイスツリーファイルを適切に設定してください」とありますが、
>設定方法はどこかに記載がありますでしょうか。
>
>https://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot-g4/armadillo-iotg-g4_pro…

デバイスツリーファイルの内容変更ということであれば、「9.8. Device Treeをカスタマイズする」をご覧になってみて下さい:
 https://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot-g4/armadillo-iotg-g4_pro…
いかがでしょうか?

yasuda0108

2021年12月23日 18時39分

お世話になっております。安田です。

ご情報ありがとうございます。
こちらで生成したDTS/DTBファイルは、どのようにボードに反映させるのでしょうか?

at_akihito.irie

2021年12月24日 13時08分

入江です。

> こちらで生成したDTS/DTBファイルは、どのようにボードに反映させるのでしょうか?

SWUpdateを用いて更新します。

SWUpdateの使用方法については、以下のマニュアルを参照してください。
https://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot-g4/armadillo-iotg-g4_pro…

SWUpdateを用いてArmadillo上のdtbを書き換える方法の一例は以下のとおりです。
以下の例では、書き込みたいdtbの名前をoriginal.dtbとしています。

[ATDE ~/]$ cd swupdate-mkimage
[ATDE ~/swupdate-mkimage]$ mkdir update-dtb # 作業ディレクトリ作成
[ATDE ~/swupdate-mkimage]$ cp examples/kernel_update_plain.desc \
/path/to/original.dtb \
update-dtb/ # サンプルのdescファイルと、Armadiiloに配置したいdtbをコピー
[ATDE ~/swupdate-mkimage]$ ln -s armadillo_iotg_g4-nousb.dtb update-dtb/armadillo.dtb # armadillo.dtbというdtbへのsymlinkを作成
[ATDE ~/swupdate-mkimage]$ vi update-dtb/kernel_update_plain.desc # サンプルのdescファイルを編集(以下の★の行を書き換える)
[ATDE ~/swupdate-mkimage]$ cat update-dtb/kernel_update_plain.desc # 以下、編集後のdescファイル
# write over files in /boot
# any different version from current system's (based on sw-versions)
# will be installed
swdesc_files --version extra_os.kernel 5.10.0-1 --dest /boot \
"original.dtb" "armadillo.dtb" ★この行を書き換え
 
# add the kernel to files to be preserved on OS update
swdesc_command --version extra_os.kernel 5.10.0-1 \
        'grep -qE "^POST /boot" /etc/swupdate_preserve_files || echo -e "POST /boot/original.dtb\nPOST /boot/armadillo.dtb" >> /etc/swupdate_preserve_files' ★この行を書き換え
 
[ATDE ~/swupdate-mkimage]$ ./mkimage.sh -o update-dtb.swu update-dtb/kernel_update_plain.desc # swuイメージ生成
[ATDE ~/swupdate-mkimage]$ ls update-dtb.swu # 生成されたことを確認する
update-dtb.swu

出来上がったupdate-dtb.swuは、USBメモリや、webサーバを経由して
Armadilloのアップデートに使用できます。
SWUpdateの実行方法についても、製品マニュアルを参照してください。

以上です。

yasuda0108

2021年12月24日 14時24分

情報のご教示ありがとうございます。
いただいた内容を元に、デバイスツリーファイルの作成を進めさせて頂きます。