Armadilloフォーラム

Armadillo-x1によるSPI通信方法

k_tanigawa

2020年5月28日 15時00分

お世話になっております。
下記お願いを投稿させていただきます。
【背景】
自動車の車載情報を取得するためのプログラムをArmadillo-x1及びCANバスモジュール(MCP2515、TJA1050搭載モジュール)で実現しようとしています。
CANバスモジュールはSPI通信方式でCAN通信方式のデータを取得することが可能になります。
そこでArmadillo-x1の拡張IFボード(CON8)を使用したSPI通信を考えております。
【現状】
拡張IFボードのSPI使用方法については、下記URLのフォーラムを参考に拡張IFのデバイスツリーを修正しビルドしました。
  参考URL→ https://armadillo.atmark-techno.com/blog/615/2577
結果、Armadillo-x1では現在、/dev/spidev3.0を認識できている状況です。
【お願い】
Python3.5を使用してプログラムによるSPI通信を行い、CANデータを取得したいのですが、/dev/spidev3.0を使用したSPI通信方法をご教示していただけないでしょうか。
ソースコードなどの例がございましたら大変助かります。
何卒宜しくお願い致します。

【環境】
 ・Armadillo-X1(linux-4.9-x1-at13)
 ・Debian 9
 ・CON8にArmadillo-x1の拡張IFボードを接続(以下に接続部を抜粋)
  DC5V CON8-52pin
  DC3.3V CON8-60pin
  GND CON8-71pin
  MISO CON8-72pin
  MOSI CON8-73pin
  SCLK CON8-74pin
  SS CON8-75pin
 ・CANバスモジュールの詳細は添付ファイルを参照してください

ファイル ファイルの説明
MCP2515モジュール.JPG CANバスモジュール
MCP2515モジュール_回路図.JPG CANバスモジュール_回路図

コメント

at_makoto.sato

2020年5月28日 17時39分

佐藤です。

pipでインストールできるspidevというモジュールがありますが、こちらは使えないでしょうか。

[ax1 ~]# pip3 install spidev