警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : e-DISP・Z のデータを Armadillo で収集する

対象製品: Armadillo-IoT G3

この Howto では Armadillo-IoT G3 に搭載した Wi-SUNアドオンモジュール (DSE版) を使って、 複数のワイヤレスセンサーデバイスe-DISP・Z (株式会社ディーディーエル製) から データを収集する方法を説明します。

e-DISP・Z は乾電池による省電力動作が可能なセンサーデバイスです。 次の4つのセンサーを搭載し、イベント発生時、または定期的に Wi-SUN規格 の無線通信によってデータを送信することができます。

  • 温度センサー : -10℃ 〜 60℃
  • 湿度センサー : 10% 〜 90%
  • 接点開閉(開閉センサ取り付け用)
  • 人感センサー: 検出距離12m / 検出範囲(水平,垂直): 102°,92°/ ターゲット-背景間の温度差 4℃以上

本Howtoで使用する e-DISP・Z と Wi-SUNアドオンモジュール(DSE版) のセット、 e-DISP・Z単体の購入については、オプション製品ページをご確認ください。


このHowtoでは次の環境を使って動作確認を行います。 必ず下記のバージョンか、それよりも新しいものを 使ってください。

表1 動作確認環境
Linuxカーネル linux-3.14.79-at8 (Armadillo-IoT G3)
ユーザーランド (debian) Debian GNU/Linux 8(jessie)ユーザーランド v20161221


セットアップ

最初に Armadillo-IoT G3 のアドオンインターフェース1 (CON1)に Wi-SUNアドオンモジュール(DSE版)を取り付けます。 アドオンモジュールの取り付け方は、Armadillo-IoT G3製品マニュアルを参照してください。

次にArmadillo-IoT G3 を起動して、e-DISP・Z からのデータを受信するための アプリケーション edispz-device-app と、edispz-device-app か受信したデータを 記録するために fluentd をインストールします。これらは一つのパッケージで インストールすることができます。Armadillo-IoT G3がインターネットに繋った状態で 次の手順でインストールしてください。rootユーザーの場合はsudoは不要です。

[Armadillo]$ sudo apt-get update
[Armadillo]$ sudo apt-get install edispz-device-app

次に、ペアリングするe-DISP・Zを登録するため図中の枠で囲ったMACアドレスをコネクションリスト(connection.list)に追記します。

e-DISP・Z背面 MACアドレス記載位置

[Armadillo] $ sudo vi /etc/edispz-device-app/connection.list

記入例:

# Write MAC address of e-DISPZ per line
00C14F011111
00C14F0100FF
00C14F010100
00C14F01020D

インストール直後はアプリケーションが自動起動していないため、 コネクションリストの編集が終ったら、armadilloを再起動するか edispz-device-appとedispz-fluentdのサービスを手動で起動します。

[Armadillo]$ sudo systemctl start edispz-fluentd.service
[Armadillo]$ sudo systemctl start edispz-device-app.service

e-DISP・Z を Armadillo-IoT G3 に接続するために、 図に示す LED1,2 が点灯するまで電源ボタンを押し込み電源を入れてください。 LED2がしばらく点滅した後にLED1,2が共に1回点滅することで Armadillo-IoT G3 とのペアリングが成功することを確認してください。 edisp-device-app が動作していない場合、ペアリングは実施されません。

e-DISP・Z前面ボタン、LED位置

データを収集する

ペアリングに成功すると、e-DISP・Zから受信したデータが fluentd によってJSON形式で /var/run/fluentd/sensor.log に出力されます。 /var/run/fluentd/sensor.log は最新30分のデータへのシンボリックリンクです。 30分以上前のデータは逐次 /var/log/fluentd/ へ保存されていきます。

ファイルへのデータ出力はfluentdで実施しているので、fluentdの設定ファイル(/opt/edispz-fluentd/fluentd/fluent.conf) を変更することで、出力形式や出力先を変更することができます。設定ファイルの変更後は、edispz-fluentd.service をrestartしてください。

[Armadillo]# sudo systemctl restart edispz-fluentd.service

アドオンインターフェース2(CON2)にアドオンモジュールを接続する場合

アドオンモジュール をアドオンインターフェース2(CON2)に接続する場合は、設定ファイル /etc/edispz-device-app/edispz.conf のttyの値にttymxc1を設定します。

[Armadillo] $ sudo vi /etc/edispz-device-app/edispz.conf

変更例: [core] tty=/dev/ttymxc1 mode=33

設定変更後は、edispz-device-appのサービスを再起動し、 e-DISPZのペアリングも再度実施してください。

e-DISP・Z の動作設定を変更する

設定ファイル /etc/edispz-device-app/edispz.confの各種設定値を変更することで、 e-DISP・Zの動作設定を変更することができます。

使用しないセンサーを無効にしたり、定期的に送信されるパケットの送信サイクルを長くすることで、電池の消費を押さえることができます。

設定可能なパラメーターは以下です。

mode

有効にするセンサー、即時送信/定期送信モードの設定が可能です。

mode 設定内容
0 温湿度
1 温度のみ
2 ドア+人感
3 温湿度+人感
4 ドアのみ
5 温湿度+ドア
6 温湿度+ドア+人感
7 温度のみ+ドア+人感
8 人感のみ
31 <即時送信>ドア+人感
32 <即時送信>温湿度+ドア+人感
33 <即時送信>温湿度+ドア
34 <即時送信>温湿度+人感
35 <即時送信>ドアのみ
36 <即時送信>人感のみ
37 <即時送信>ドア+人感+温度
38 <即時送信>ドア+温度
39 <即時送信>人感+温度

interval_time_second

modeが0〜8の時に設定可能です。 定期パケット送信間隔(秒)を設定することができます。

offset_time_second

modeが0〜8の時に設定可能です。 子機が複数台の場合、送信の衝突を回避するためのオフセット時間(秒)を設定することができます。

human_sensor_wait_time_second

modeが31〜39の時に設定可能です。 人感センサーの検出間隔(秒)を設定することができます。

heartbeat_time_minute

modeが31〜39の時に設定可能です。 定期パケット送信間隔(分)を設定することができます。

door_detect_mode

modeが31〜39の時に設定可能です。 ドア検出モードを設定することができます。

door_detect_mode 設定内容
0 ドアの「開」「閉」でパケット送信
1 ドアの「開」でパケット送信
2 ドアの「閉」でパケット送信

temperature_upper, temperature_lower

温度センサが有効な場合に設定可能です。獲得する温度データの上限、下限を設定することができます。
範囲外のデータはログへ出力されません。

設定例:

temperature_upper=50
temperature_lower=-5

(※v1.2.0-1から対応)

humidity_upper, humidity_lower

湿度センサが有効な場合に設定可能です。獲得する湿度データの上限、下限を設定することができます。
範囲外のデータはログへ出力されません。

設定例:

humidity_upper=85
humidity_lower=15

(※v1.2.0-1から対応)

15台以上のe-DISP・Zを接続する

一つのWi-SUNアドオンモジュール (DSE版)につき、ペアリング可能な e-DISP・Zの台数は15台までです。

Armadillo-IoT G3 に2つの Wi-SUNアドオンモジュール (DSE版)を 接続することで計30台のe-DISP・Zをペアリングすることができます。 30台の接続に対応するソフトウェアパッケージは後日公開予定です。

edispz-device-app.serviceが自動で再起動するように設定する

edispz-device-app.serviceが停止してしまった際、自動的にサービスが再起動するように設定を変更することができます。
最初に、以下のコマンドを実行してください。

[Armadillo]# sudo systemctl edit edispz-device-app.service

編集画面が表示されたら、以下の2行を追記してください。

[Service]
Restart=always

最後に、edispz-device-appをリスタートしてください。

[Armadillo]# sudo systemctl restart edispz-device-app.service

edispz-device-appのビルド方法

edispz-device-app を改造したり機能を拡張したい場合は、Howto : e-DISP・Z 用 データ受信 アプリケーション 「edispz-device-app」 のビルド方法 をご確認ください。

カテゴリ: