Howto

Armadillo-BTOサービス:ROMイメージの作成方法(Armadillo-640)

ボード本体のフラッシュメモリに書き込む、指定イメージファイルを作成する方法を記載します。

指定イメージの種類

ROMイメージ書き込みで「指定イメージ」を指定された場合は、下記の2種類のイメージファイルをあらかじめご用意ください。

ファイル内容 注意事項
イメージファイル ファイルタイプ:gz, tar, zip, tgz
ファイルサイズ上限:4GB以下[*1]
MD5ファイル ファイルタイプ:txt, md5
ファイルサイズ上限:2MB以下

[*1] ファイル交換システムから受付可能なファイルサイズの上限値です。本体基板に書き込むイメージファイルのサイズ上限については、製品マニュアルをご覧ください。

指定イメージの作成方法

ブートローダー

1. 製品マニュアル記載の「ブートローダーをビルドする」を参照し、ブートローダーイメージのビルドを行ってください。

Armadillo-640 製品マニュアル「ブートローダーをビルドする」

2. ビルドが終了すると、U-Bootディレクトリにイメージファイル「u-boot.imx」が作成されています。

[PC ~/u-boot-a600-v2018.03-at[version]]$ ls u-boot.imx
u-boot.imx

3. 次に、以下コマンドを実行し、MD5ファイルを生成します。

[PC ~/u-boot-a600-v2018.03-at[version]]$ md5sum u-boot.imx > u-boot.imx.md5

4. 以下2つのイメージファイルをお送りください。

  • u-boot.imx
  • u-boot.imx.md5

Linuxカーネル

1. 製品マニュアル記載の「Linuxカーネルをビルドする」を参照し、 Linuxカーネルイメージのビルドを行ってください。

Armadillo-640製品マニュアル「Linuxカーネルをビルドする」

2. ビルドが終了すると、arch/arm/boot/ディレクトリにイメージファイル「uImage」が作成されます。

[PC ~/linux-v4.14-at[version]]$ ls arch/arm/boot/uImage
uImage

3. ビルド後、次のコマンドを実行し、MD5ファイルを生成します。

[PC ~/linux-v4.14-at[version]]$ pushd arch/arm/boot
[PC ~/linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot]$ md5sum uImage > uImage.md5
[PC ~/linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot]$ popd

4. 以下2つのイメージファイルをお送りください。

  • uImage
  • uImage.md5

Device Tree Blob

Linuxカーネルイメージのビルドを行うと、同時にDevice Tree Blobも生成されます。
Device Tree Blobは、Armadillo-640 CON9 に接続するオプションモジュールによってファイル名が異なります。

オプションモジュールを接続しない場合

1. ビルドが終了すると、arch/arm/boot/dts/ディレクトリに「armadillo-640.dtb」が作成されます。

[PC ~/linux-v4.14-at[version]]$ ls arch/arm/boot/dts/armadillo-640.dtb
armadillo-640.dtb

2. ビルド後、次のコマンドを実行し、MD5ファイルを生成します。

[PC ~/linux-v4.14-at[version]]$ pushd arch/arm/boot/dts
[PC ~/linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot/dts]$ md5sum armadillo-640.dtb > armadillo-640.dtb.md5
[PC ~/linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot/dts]$ popd

3. 以下2つのイメージファイルをお送りください。

  • armadillo-640.dtb
  • armadillo-640.dtb.md5

「Armadillo-600シリーズ RTCオプションモジュール」または「Armadillo-600シリーズ WLANオプションモジュール」を接続する場合

1. ビルドが終了すると、arch/arm/boot/dts/ディレクトリに「armadillo-640_con9_awl13_rtc.dtb」が作成されます。

[PC ~/linux-v4.14-at[version]]$ ls arch/arm/boot/dts/armadillo-640_con9_awl13_rtc.dtb
armadillo-640_con9_awl13_rtc.dtb

2. ビルド後、次のコマンドを実行し、MD5ファイルを生成します。

[PC ~/linux-v4.14-at[version]]$ pushd arch/arm/boot/dts
[PC ~/linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot/dts]$ md5sum armadillo-640_con9_awl13_rtc.dtb > armadillo-640_con9_awl13_rtc.dtb.md5
[PC ~/linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot/dts]$ popd

3. 以下2つのイメージファイルをお送りください。

  • armadillo-640_con9_awl13_rtc.dtb
  • armadillo-640_con9_awl13_rtc.dtb.md5

「Armadillo-600シリーズ BT/THオプションモジュール」を接続する場合

1. ビルドが終了すると、arch/arm/boot/dts/ディレクトリに「armadillo-640_con9_thread.dtb」が作成されます。

[PC ~/linux-v4.14-at[version]]$ ls arch/arm/boot/dts/armadillo-640_con9_thread.dtb
armadillo-640_con9_thread.dtb

2. ビルド後、次のコマンドを実行し、MD5ファイルを生成します。

[PC ~/linux-v4.14-at[version]]$ pushd arch/arm/boot/dts
[PC ~/linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot/dts]$ md5sum armadillo-640_con9_thread.dtb > armadillo-640_con9_thread.dtb.md5
[PC ~/linux-v4.14-at[version]/arch/arm/boot/dts]$ popd

3. 以下2つのイメージファイルをお送りください。

  • armadillo-640_con9_thread.dtb
  • armadillo-640_con9_thread.dtb.md5

Debian GNU/Linux ユーザーランド

Armadillo-640では、Debian GNU/Linux ルートファイルシステムアーカイブの作成方法を2種類用意しています。
動作している実機をそのまま再現したい場合は「dump_rootfsによる方法」、パッケージや開発したソフトウェアのインストール方法をスクリプトとして用意できている場合は「at-debian-builderによる方法」をご利用ください。

dump_rootfsによる方法

Armadillo標準ガイド Armadillo入門編「Debian GNU/Linuxルートファイルシステムアーカイブの作成 dump_rootfs による方法」を参照し、起動中のArmadillo-640からDebian GNU/Linuxルートファイルシステムをダンプしてください。

Armadillo標準ガイド Armadillo入門編「Debian GNU/Linuxルートファイルシステムアーカイブの作成 dump_rootfs による方法」

2. ダンプが終了すると、Armadillo-640に接続したUSBメモリ上に dump_rootfs.tar.gz と dump_rootfs.tar.gz.md5 が作成されています。

[Armadillo ~]# mount /dev/sda1 /mnt
[Armadillo ~]# ls /mnt
dump_rootfs.tar.gz  dump_rootfs.tar.gz.md5
[Armadillo ~]# umount /mnt

3. 以下2つのイメージファイルをお送りください。

  • dump_rootfs.tar.gz
  • dump_rootfs.tar.gz.md5

at-debian-builderによる方法

1. 製品マニュアル記載の「Debian GNU/Linux ルートファイルシステムをビルドする」を参照し、Debian GNU/Linuxルートファイルシステムのビルドを行ってください。

Armadillo-640 製品マニュアル「Debian GNU/Linux ルートファイルシステムをビルドする」

2. ビルドが終了すると、at-debian-builderディレクトリにイメージファイル「debian-stretch-armhf-a600-YYYYMMDD.tar.gz」が作成されます。実際のファイルでは、YYYYMMDDはファイルを作成した年月日となります。

[PC ~/at-debian-builder-[version]]$ ls debian-stretch-armhf-a600-YYYYMMDD.tar.gz
debian-stretch-armhf-a600-YYYYMMDD.tar.gz

3. 次に、以下コマンドを実行し、MD5ファイルを生成します。

[PC ~/at-debian-builder-[version]]$ md5sum debian-stretch-armhf-a600-YYYYMMDD.tar.gz > debian-stretch-armhf-a600-YYYYMMDD.tar.gz.md5

4. 以下2つのイメージファイルをお送りください。

  • debian-stretch-armhf-a600-YYYYMMDD.tar.gz
  • debian-stretch-armhf-a600-YYYYMMDD.tar.gz.md5

指定イメージファイルの送付方法

指定イメージファイルは、ご発注時まで[*1]に「アットマークテクノファイル交換サイト」からお送りください。
「アットマークテクノファイル交換サイト」のアクセス方法については、ご発注時に営業担当よりご案内いたします。

ファイル交換サイトの指定

  • ファイル送信先として、seisan@atmark-techno.com (アットマークテクノ 札幌生産センター)を指定してください。
  • 送付の際は、ファイル交換サイトのコメント欄に発注型番を明記してください。
注意事項

[*1] 期日までに指定イメージファイルをお送りいただけなかった場合、納期をお約束いたしかねますのであらかじめご了承ください。お手続きの流れについては、「Armadillo BTOサービスのご案内(各製品シリーズの共通事項)」の「お申込みから納品までの流れ」の内容をご確認ください。