Armadillo 製品アップデートのお知らせ (2019年02月/Armadillo-IoT G3対象)

Armadillo-IoT ゲートウェイ G3のアップデートを行いました。

このリリースはダウンロードページからダウンロード可能です。

Linux-3.14: Debian GNU/Linux 8(jessie)用

ドキュメント

Armadillo-IoT ゲートウェイ G3 製品マニュアル (v1.12.4)
  • 「4.2.4. シリアル通信ソフトウェア(minicom)の使用」に、minicomを利用しやすくするための情報を記載
  • 「15.4. SD ブートの実行」において、SD ブートに成功したかどうか確認する方法を修正
  • 「17.10. CON13 RTC バックアップインターフェース 1」、「17.16. CON22 RTC バックアップインターフェース 2」に、外部バッテリーを取り付ける際の注意を追加
  • 誤記、わかりにくい記載を修正
Armadillo-IoT G3 開発セット スタートアップガイド (v1.3.3)
  • 「2.3. ソフトウェア使用に関しての注意事項」の get-board-infoについての注意書きを削除
  • 「表 2.2. WLAN+BT コンボモジュール: AEH-AR9462 適合証明情報」に認証番号を追加
  • 「4. IoT を体験しよう」のサンプルアプリケーションから、地図サービスに関する表記を削除
  • 誤記、わかりにくい記載を修正

Linux-4.9: Debian GNU/Linux 9(stretch)用

ドキュメント

Armadillo-IoT ゲートウェイ G3 製品マニュアル (v2.0.3)
  • 「3.6. ソフトウェア構成」に、「表 3.7. QSPI フラッシュメモリ メモリマップ」、 「表 3.8. eMMC メモリマップ (型番: AGX3x2x-,AGX3x0x- の場合)」及び「表 3.9. eMMC メモリマップ (型番:AGX314x- の場合)」を追加
  • 「4.2.4. シリアル通信ソフトウェア(minicom)の使用」に、minicomを利用しやすくするための情報を記載
  • 「15.4. SD ブートの実行」において、SD ブートに成功したかどうか確認する方法を修正
  • 「17.10. CON13 RTC バックアップインターフェース 1」、「17.16. CON22 RTC バックアップインターフェース 2」に、外部バッテリーを取り付ける際の注意を追加
  • 誤記、わかりにくい記載を修正
Armadillo-IoT G3 開発セット スタートアップガイド (v2.0.1)
  • 「2.3. ソフトウェア使用に関しての注意事項」の get-board-infoについての注意書きを削除
  • 「表 2.2. WLAN+BT コンボモジュール: AEH-AR9462 適合証明情報」に認証番号を追加
  • 「4. IoT を体験しよう」のサンプルアプリケーションから、地図サービスに関する表記を削除
  • 誤記、わかりにくい記載を修正

x1-debian-builder (v2.0.1)

  • rc.local内の不要な処理を削除

atmark-x1-base (v2.1.0)

  • USB3503を認識できない問題が発生した際に、USB3503のリセットを行う処理を追加

Linux カーネル (v4.9-x1-at5)

  • USB3503のRESET_NピンにアクセスするGPIOをエクスポートするように変更

Debian GNU/Linux 9(Stretch)ユーザーランド (20190228)

  • atmark-x1-baseを2.1.0-1に更新
  • 他、ビルド時点における最新のパッケージに更新

標準イメージファイル