Armadillo ソフトウェア事前対応のお願い/ i.MX7D リビジョン変更に伴うブートローダー更新

Armadillo-IoT ゲートウェイ G3/G3L、Armadillo-X1 搭載SoC (NXP Semiconductors / i.MX7D) のリビジョン変更に伴い、U-Bootの更新が必要となります。
SoCのリビジョン変更による影響や変更品の出荷時期については変更通知 2018-005を参照してください。

対象製品

  • Armadillo-IoTゲートウェイ G3
  • Armadillo-IoTゲートウェイ G3L
  • Armadillo-X1

更新対象ソフトウェア

SoCリビジョン変更品を動作させるには、U-Boot v2016.07-at14[※1] 以降を使用する必要があります。
SoCリビジョン変更品が出荷されるまでに、ソフトウェアの更新を行いますようお願い致します。
U-Boot以外のソフトウェア(Linuxカーネル、Debian GNU/Linux ユーザーランド)につきましても、最新版に更新する事を推奨致します。

  現行品 リビジョン変更品
SoC型番 MCIMX7D5EVM10SC MCIMX7D5EVM10SD
動作可能なU-Boot Armadillo-IoTゲートウェイ G3: v2014.04-at1以降
Armadillo-IoTゲートウェイ G3L: v2016.07-at5以降
Armadillo-X1: v2016.07-at3以降
v2016.07-at14以降 [※2]
U-Boot起動ログに表示されるリビジョン番号 Freescale i.MX7D rev1.2 Freescale i.MX7D rev1.3

[※1] 次の製品アップデートでリリース済みです。

[※2] Armadillo-IoTゲートウェイ G3のみ U-Boot v2016.07-at14以降に加え、Linux カーネル (v3.14.38-at2)以降を使用する必要があります

U-Bootの変更内容

  • 使用するOCRAMの領域を 0x00910000 - 0x00921000 から 0x00911000 - 0x00921000 に変更
    • Mask Set Errata for Mask 3N09P: Erratum ID e11166の対策となります
    • 現行品(MCIMX7D5EVM10SC)は本Erratumに該当しませんが、使用するOCRAMの領域が変更されます
    • U-Bootの変更によって製品の動作に影響はありません

SoCリビジョンの判別方法

電源投入直後に表示されるU-Bootの起動ログから判別が可能です。

現行品(SoC型番: MCIMX7D5EVM10SC

「Freescale i.MX7D rev1.2」と表示されます。

U-Boot 2016.07-at15 (Feb 28 2018 - 14:20:28 +0900)

CPU:   Freescale i.MX7D rev1.2 at 996MHz
CPU:   Extended Commercial temperature grade (-20C to 105C) at 39C
Reset cause: POR
       Watchdog enabled

リビジョン変更品(SoC型番: MCIMX7D5EVM10SD

「Freescale i.MX7D rev1.3」と表示されます。

U-Boot 2016.07-at15 (Feb 28 2018 - 14:20:28 +0900)

CPU:   Freescale i.MX7D rev1.3 at 996MHz
CPU:   Extended Commercial temperature grade (-20C to 105C) at 39C
Reset cause: POR
       Watchdog enabled

U-Bootのバージョン確認方法

電源投入直後に出力されるログを確認してください。

U-Boot 2016.07-at15 (Feb 28 2018 - 14:20:28 +0900)

CPU:   Freescale i.MX7D rev1.2 at 996MHz
CPU:   Extended Commercial temperature grade (-20C to 105C) at 39C
Reset cause: POR
       Watchdog enabled
I2C:   ready
DRAM:  512 MiB
Boot Source: QSPI Flash
Board Type: Armadillo-IoT G3L(0a200000)
Revision: 0002
S/N: 2231
DRAM: 00001d05
XTAL: 00
MMC:   FSL_SDHC: 0, FSL_SDHC: 1
SF: Detected N25Q64 with page size 256 Bytes, erase size 64 KiB, total 8 MiB
In:    serial
Out:   serial
Err:   serial
Found PFUZE300! deviceid 0x30, revid 0x11
Net:   FEC0

または、保守モードで起動してからversionコマンドを実行してください。

=> version

U-Boot 2016.07-at15 (Feb 28 2018 - 14:20:28 +0900)
arm-linux-gnueabihf-gcc ( 4.9.2-10) 4.9.2
GNU ld (GNU Binutils for Debian) 2.25