Armadillo ソフトウェア不具合のお知らせ (Armadillo-IoT G3/G3L、Armadillo-X1対象) ごく稀にDRAMの初期化が完了せずに起動できない

Armadillo-IoT ゲートウェイ G3/G3L、Armadillo-X1で、ごく稀に DRAM の初期化が完了せずに起動できないソフトウェア不具合があることがわかりました。
不具合対象ソフトウェアをご利用の場合、対策済みのソフトウェアにアップデートすることで不具合を回避することができます。

不具合内容

ごく稀にブートローダー(※以降 U-Boot と記載)で次に示すログが出力された後に停止し、起動できないことがあります。

U-Boot SPL 2016.07-atXX (month DD YYYY - HH:MM:SS)

原因

ソフトウェア(U-Boot)の不具合により、ごく稀にDRAMの初期化が終了しないことがあります。

対象製品

  • Armadillo-IoTゲートウェイ G3
  • Armadillo-IoTゲートウェイ G3L
  • Armadillo-X1

不具合対象ソフトウェア

対象製品で、次に示すバージョンの U-Boot を使用した場合、本不具合が発生する可能性があります。

 製品名称 不具合対象U-Bootバージョン
Armadillo-IoTゲートウェイ G3
Armadillo-X1
v2016.07-at8 ~ v2016.07-at14[※1]
Armadillo-IoTゲートウェイ G3L v2016.07-at8 ~ v2016.07-at13

[※1] v2016.07-at14を使用した場合、インストールディスク使用時(SW1を押下した状態で電源投入した場合)のみ不具合が発生する可能性があります。

不具合回避方法

次の対策済みソフトウェア[※2] 以降を使用することで本不具合を回避することができます。
v2016.07-at7以前を使用した場合は本不具合は発生しませんが、最新版へのアップデートを推奨致します。

 製品名称 対策済みU-Bootバージョン
Armadillo-IoTゲートウェイ G3
Armadillo-X1
v2016.07-at15以降
Armadillo-IoTゲートウェイ G3L v2016.07-at14以降

[※2] 次の製品アップデートでリリース済みです。

U-Bootのバージョン確認方法

電源投入直後に出力されるログを確認してください。

U-Boot 2016.07-at15 (Feb 28 2018 - 14:20:28 +0900)

CPU:   Freescale i.MX7D rev1.2 at 996MHz
CPU:   Extended Commercial temperature grade (-20C to 105C) at 39C
Reset cause: POR
       Watchdog enabled
I2C:   ready
DRAM:  512 MiB
Boot Source: QSPI Flash
Board Type: Armadillo-IoT G3L(0a200000)
Revision: 0002
S/N: 2231
DRAM: 00001d05
XTAL: 00
MMC:   FSL_SDHC: 0, FSL_SDHC: 1
SF: Detected N25Q64 with page size 256 Bytes, erase size 64 KiB, total 8 MiB
In:    serial
Out:   serial
Err:   serial
Found PFUZE300! deviceid 0x30, revid 0x11
Net:   FEC0

または、保守モードで起動してからversionコマンドを実行してください。

=> version

U-Boot 2016.07-at15 (Feb 28 2018 - 14:20:28 +0900)
arm-linux-gnueabihf-gcc ( 4.9.2-10) 4.9.2
GNU ld (GNU Binutils for Debian) 2.25