FAQ : どのパワーマネジメント状態を選択するのが良いですか?

対象製品: Armadillo-640

どのパワーマネジメント状態を選択するかは、システム構成により異なります。

これは、パワーマネジメント状態の消費電力と復帰時間はトレードオフの関係にあるためです。

パワーマネジメント状態 消費電力 復帰時間
Suspend-to-RAM 小さい 長い
Power-On Suspend
Suspend-to-Idle 大きい 短い

また、消費電力と復帰時間はシステム(ハードウェア/ソフトウェア)構成によって異なります。

そのため、該当システムで消費電力と復帰時間を測定して最適なパワーマネジメント状態を選択する必要があります。

例えば、システムとして許容できる復帰時間に十分な余裕がある場合は、より消費電力の小さいSuspend-to-RAMを選択するのが良いと判断できます。

関連リンク