FAQ : Armadillo-640: パワーマネジメント状態を省電力モードに遷移させた場合の消費電力はどのくらいですか?

対象製品: Armadillo-640

パワーマネジメント状態を省電力モードに遷移させた場合の消費電力は、ハードウェア構成によって異なります。

ここでは例として、Armadillo-640に次の周辺装置を接続した場合の消費電力を紹介します。

  • USBシリアル変換アダプタ
  • Ethernetケーブル
  • ACアダプタ

消費電力を測定したソフトウェアのバージョンは次の通りです。

ソフトウェア バージョン
ブートローダー(u-boot) v2018.03-at4
Linuxカーネル v4.14-at10
ルートファイルシステム v20181128

パワーマネジメント状態ごとの、Armadillo-640全体の消費電力はおよそ次の通りです。

パワーマネジメント状態 消費電力(mW)
Suspend-to-RAM 125
Power-On Suspend 170
Suspend-to-Idle 325
なし1 860

パワーマネジメントICのローパワーモードを有効化することで、さらにSuspend-to-RAM状態の消費電力を下げることができます。Armadillo-640 を保守モードで起動し、次のようにコマンドを実行してください。

=> setenv optargs enable_pf3000_lpm=yes
=> saveenv

再起動後、Suspend-to-RAMに遷移させると、消費電力が約25mW小さくなります。

パワーマネジメントICのローパワーモードを有効化すると供給能力が低下するため、ハードウェア構成によってはArmadillo-640が再起動する可能性がありますのでご注意ください。

関連リンク


  1. Linuxシステムの起動完了後、ログインプロンプトが表示された状態です。 ↩︎