ブログ

Armadillo-IoT(G3):有線LANのネットワーク設定(手順抜粋)

at_kazutaka.bito
2016年5月21日 13時31分
Armadillo-IoT(G3)でのネットワーク設定は、
Armadillo-IoT ゲートウェイ G3開発セット スタートアップガイド
4.3.1. ネットワークを設定する
や、
Armadillo-IoT ゲートウェイ G3製品マニュアル
6.2. ネットワーク
に記載されています。

詳細な手順や説明は上記URLに記載されていますが、ここでは当方で有線LANのネットワーク設定した手順を抜粋します。

1.まず、nmcli connection addでconnectionを追加します。
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection add type ethernet ifname eth0
Connection 'ethernet-eth0' (1fd66614-afd7-44f6-bdf2-e2c62b9be505) successfully added.
2.上記にて追加された'ethernet-eth0'にIPアドレスを設定します。 例)  IPアドレス:192.168.11.36  マスク長:24  デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection modify ethernet-eth0 ipv4.method manual ipv4.addresses "192.168.11.36/24 192.168.11.1"
3.ネットワークに接続にします。
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection up ethernet-eth0
Connection successfully activated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/25)
以上で完了です。 参考) 設定を変更する場合は、nmcli connection modifyで直前の設定に修正を加える方法がありますが、 直前の設定に関わらず、手順を一意的に行うなら、
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection down ethernet-eth0
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection delete ethernet-eth0
で、設定を削除して、上記1,2,3の手順を最初から実行する方法もあります。 例えば、上記設定(固定IPアドレス)からDHCPに変更する場合は、下記のような手順になります。
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection down ethernet-eth0
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection delete ethernet-eth0
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection add type ethernet ifname eth0
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection modify ethernet-eth0 ipv4.method auto
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection up ethernet-eth0
別の固定IPアドレス(下記では192.168.11.38)に設定する場合は、下記のような手順になります。
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection down ethernet-eth0
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection delete ethernet-eth0
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection add type ethernet ifname eth0
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection modify ethernet-eth0 ipv4.method manual ipv4.addresses "192.168.11.38/24 192.168.11.1"
root@armadillo-iotg:~# nmcli connection up ethernet-eth0