ブログ

Armadillo-400シリーズのオートブートキャンセルを無効にする

at_takuya.sasaki
2014年8月16日 22時48分
Armadillo-400シリーズではタクトスイッチ(SW1)を押しながら電源を入れると、オートブートがキャンセルされ
保守モードで起動します。
http://manual.atmark-techno.com/armadillo-4x0/armadillo-400_series_software_manual_ja-1.9.0/ch03.html#sec-boot-mode

このオートブートキャンセル機能を無効にし、タクトスイッチを押しながら電源を入れても、オートブートする方法を
紹介します。

1. ATDE3上でブートローダ(Hermit-At)のソースを取得し、展開します

atmark@atde3:~$ wget http://armadillo.atmark-techno.com/files/downloads/armadillo-440/source/bootloader/hermit-at-2.2.0-source.tar.gz
atmark@atde3:~$ tar xvf hermit-at-2.2.0-source.tar.gz
2. defconfigを実行します
atmark@atde3:~$ cd hermit-at-2.2.0
atmark@atde3:~/hermit-at-2.2.0$ make armadillo4x0_defconfig
3. make menuconfigを実行して、[Support for Autoboot cancel by Tact-SW]のチェックを外します
atmark@atde3:~/hermit-at-2.2.0$ make menuconfig
 
Target Configurations  --->
Core settings  --->
[ ]   Support for Autoboot cancel by Tact-SW  ← チェックを外す
4. makeを実行して、Armadilloに書き込みます
atmark@atde3:~/hermit-at-2.2.0$ make
ブートローダのビルド方法については、以下も参照してみてください。 http://manual.atmark-techno.com/armadillo-4x0/armadillo-400_series_software_manual_ja-1.9.0/ch07.html#sec-bootloader-image-build