Cactusphere

ソフトウェア仕様

Cactusphereのソフトウェア構成

Cactusphereのソフトウェアは大きく分けて「Azure Sphere OS」と「Cactusphereファームウェア」の2つから構成されます。
Azure Sphere OSはMicrosoft社が提供し、セキュリティー対応等の更新プログラムが継続的に配信されるため、安全性の高い運用を長期間実施できます。詳細についてはMicrosoft社のWebサイトをご参照ください。
Cactusphereファームウェアはアットマークテクノが提供し、更新プログラムの作成・配信を行います。これはAzure Sphere OS上で動作するアプリケーションで、Azure(IoT Central)やセンサー・外部機器との通信機能が標準で実装されています。ユーザーは基本的にCactusphereファームウェアの開発が不要で、ネットワーク設定と接続先のクラウドに関する設定をするだけでAzureアプリケーションの開発を始めることができます。

Azure Sphere とは(Microsoft)

cactusphere_software-arch

システム全体構成

cactusphere_system

CactusphereファームウェアとAzureアプリケーションのサンプルとなる「アプリケーションテンプレート」を、アットマークテクノがメンテナンス・配信しています。CactusphereファームウェアはAS3(Azure Sphere Security Service)へデプロイすることによって、個々のCactusphereに配信することができます。ユーザーは用意されているテンプレートをベースにAzureアプリケーションの開発ができるので、容易にシステムを構築することが可能となります。CactusphereはDPS(Device Provisioning Service)を仲介して、IoT Central, IoT Hub等のサービスにデバイス登録、認証、データ送受信を行います。

Cactusphereファームウェア

Cactusphereファームウェアのソースコードは、オープンソースとしてGithubで公開しています。必要に応じて自由にカスタマイズ、開発を行うことができます。

Cactusphereファームウェアのソースコード(Github)