Armadilloフォーラム

"JP1をショートしない&ユーザスイッチを押さない"で、インストールディスクによるインストールの実行

takuya.murasugi

2019年7月8日 10時41分

お世話になります。村杉と申します。

Armadillo-IoT G3のインストールディスクによるインストールの実行を
JP1をショートしないで、且つユーザスイッチを押さないで実行したいと考えています。

「Armadillo-IoT G3/G3L: JP1を設定せずにSDカード内のカーネルを起動する方法」
https://users.atmark-techno.com/blog/7370/2918

上記URLを参考にインストールディスクのSDカード内のカーネルを起動しインストールできるか試してみたのですが、
以下の様に「### ERROR ### Please RESET the board ###」のエラーメッセージが表示さインストールを実行できませんでした。
何かご存知の方、試された方がいらっしゃいましたらご教授いただけないでしょうか?


U-Boot SPL 2016.07-at18 (May 23 2019 - 18:41:49)
Trying to boot from SPI

U-Boot 2016.07-at18 (May 23 2019 - 18:41:49 +0900)

CPU: Freescale i.MX7D rev1.2 at 996MHz
CPU: Extended Commercial temperature grade (-20C to 105C) at 50C
Reset cause: POR
Watchdog enabled
I2C: ready
DRAM: 1 GiB
Boot Source: QSPI Flash
Board Type: Armadillo-IoT G3(0a000000)
Revision: 0002
S/N: ****
DRAM: 00001e05
XTAL: 00
MMC: FSL_SDHC: 0, FSL_SDHC: 1
Loading Environment from SPI Flash... SF: Detected N25Q64 with page size 256 Bytes, erase size 64 KiB, total 8 MiB
*** Warning - bad CRC, using default environment

Failed (-5)
Loading Environment from SPI Flash... SF: Detected N25Q64 with page size 256 Bytes, erase size 64 KiB, total 8 MiB
*** Warning - bad CRC, using default environment

Failed (-5)
In: serial
Out: serial
Err: serial
Found PFUZE300! deviceid 0x30, revid 0x11
Net: FEC0
switch to partitions #0, OK
mmc1(part 0) is current device
switch to partitions #0, OK
mmc1(part 0) is current device
reading boot.scr
417 bytes read in 9 ms (44.9 KiB/s)
Running bootscript from mmc ...
## Executing script at 82000000
reading sdboot_enable
0 bytes read in 7 ms (0 Bytes/s)
try SD boot...
reading uImage
11566264 bytes read in 516 ms (21.4 MiB/s)
Booting from mmc ...
reading armadillo_iotg_g3.dtb
** Unable to read file armadillo_iotg_g3.dtb **
## Booting kernel from Legacy Image at 82000000 ...
Image Name: Linux-4.9.133-at3
Image Type: ARM Linux Kernel Image (uncompressed)
Data Size: 11566200 Bytes = 11 MiB
Load Address: 80008000
Entry Point: 80008000
Verifying Checksum ... OK
Loading Kernel Image ... OK
FDT and ATAGS support not compiled in - hanging
### ERROR ### Please RESET the board ###


コメント

at_syunya.ohshio

2019年7月8日 11時48分

大塩です。

>
> U-Boot SPL 2016.07-at18 (May 23 2019 - 18:41:49)
> Trying to boot from SPI
>
> U-Boot 2016.07-at18 (May 23 2019 - 18:41:49 +0900)
>
> CPU: Freescale i.MX7D rev1.2 at 996MHz
> CPU: Extended Commercial temperature grade (-20C to 105C) at 50C
> Reset cause: POR
> Watchdog enabled
> I2C: ready
> DRAM: 1 GiB
> Boot Source: QSPI Flash
> Board Type: Armadillo-IoT G3(0a000000)
> Revision: 0002
> S/N: ****
> DRAM: 00001e05
> XTAL: 00
> MMC: FSL_SDHC: 0, FSL_SDHC: 1
> Loading Environment from SPI Flash... SF: Detected N25Q64 with page size 256 Bytes, erase size 64 KiB, total 8 MiB
> *** Warning - bad CRC, using default environment
>
> Failed (-5)
> Loading Environment from SPI Flash... SF: Detected N25Q64 with page size 256 Bytes, erase size 64 KiB, total 8 MiB
> *** Warning - bad CRC, using default environment
>
> Failed (-5)
> In: serial
> Out: serial
> Err: serial
> Found PFUZE300! deviceid 0x30, revid 0x11
> Net: FEC0
> switch to partitions #0, OK
> mmc1(part 0) is current device
> switch to partitions #0, OK
> mmc1(part 0) is current device
> reading boot.scr
> 417 bytes read in 9 ms (44.9 KiB/s)
> Running bootscript from mmc ...
> ## Executing script at 82000000
> reading sdboot_enable
> 0 bytes read in 7 ms (0 Bytes/s)
> try SD boot...
> reading uImage
> 11566264 bytes read in 516 ms (21.4 MiB/s)
> Booting from mmc ...
> reading armadillo_iotg_g3.dtb
> ** Unable to read file armadillo_iotg_g3.dtb **
> ## Booting kernel from Legacy Image at 82000000 ...
> Image Name: Linux-4.9.133-at3
> Image Type: ARM Linux Kernel Image (uncompressed)
> Data Size: 11566200 Bytes = 11 MiB
> Load Address: 80008000
> Entry Point: 80008000
> Verifying Checksum ... OK
> Loading Kernel Image ... OK
> FDT and ATAGS support not compiled in - hanging
> ### ERROR ### Please RESET the board ###
>

上記のログから、sdカード内の「armadillo_iotg_g3.dtb」が読み込めないように見えます。
sdカード内のdtbファイルが「armadillo_iotg_g3.dtb」であるかどうか確認していただけますでしょうか。

以下はArmadilloからsdカード内のファイルを確認する例です。
sdカードのデバイス名は環境によって変化するため、sdカード挿入時のログ等を確認してください。

[armadillo]:~# mount /dev/mmcblk0 /mnt
[armadillo]:~# ls /mnt

at_syunya.ohshio

2019年7月8日 12時59分

大塩です。

インストールディスクイメージの実行とSDbootの実行を勘違いして返信してしまいました。
申し訳ありません。

上記返信の通り、エラーは「armadillo_iotg_g3.dtb」が存在しないという内容です。
しかしインストールディスクイメージのパーティション1には、「armadillo_iotg_g3.dtb」ではなく、「x1-minimal.dtb」が設置されています。
そのため、SDカードが挿入されていることが確認できた場合に「x1-minimal.dtb」を実行させるようにする必要があります。

「Armadillo-IoT G3/G3L: JP1を設定せずにSDカード内のカーネルを起動する方法」
https://users.atmark-techno.com/blog/7370/2918
上記URLにて書かれている「U-Bootコマンドのテキストファイル(boot.txt)作成」を以下のように変更することで、上記内容を満たすことができます。


setenv sdboot_mmcdev 0
setenv sdboot_part 1
setenv get_sdboot_state fatload mmc ${sdboot_mmcdev}:${sdboot_part} ${loadaddr} sdboot_enable

if run get_sdboot_state; then
echo try SD boot...
setenv fdt_file x1-minimal.dtb
setenv mmcdev 0
setenv mmcpart 1
setenv mmcroot /dev/mmcblk0p2 rootwait rw
fi

if mmc rescan; then
if run loadimage; then
run mmcboot;
fi
fi

ご確認ください。
以上です。

takuya.murasugi

2019年7月9日 10時10分

大塩様

御回答有難うございます。
村杉です。

頂いたboot.txtでJP1を挿さず&ユーザスイッチ1を押さずにインストールの実行が行えることを確認しました。
ありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

以上