Armadilloフォーラム

AWL13をSDIOインターフェースからNormal Speedモードで使用する方法

ryo_terashima

2019年8月8日 21時31分

寺島と申します。

現在、Armadillo-410でSDIOからAWL13を起動しようとしています。
SDIOをHigh SpeedモードではなくNormal Speedモードで動かしたいのですが、どこを変更すればよいかわかりません。
どなたか方法をご教授いただけないでしょうか?

開発環境は以下を使用しています。

開発環境 : ATDE5
atmark-dist : atmark-dist-20180330
kernel : linux-3.14-at12
AWL13 : awl13-3.0.2-3
loarder : loader-armadillo4x0-v3.11.0.bin

以上、よろしくお願い致します。


コメント

at_mizo

2019年8月21日 8時34分

溝渕です。

> 現在、Armadillo-410でSDIOからAWL13を起動しようとしています。
> SDIOをHigh SpeedモードではなくNormal Speedモードで動かしたいのですが、どこを変更すればよいかわかりません。

Linuxカーネルソースの、"arch/arm/mach-imx/armadillo4x0_extif.c"を編集
することで、最大SDクロックを制限することができます。


static const struct esdhc_platform_data __maybe_unused
armadillo4x0_esdhc2_pdata __initconst = {
.wp_gpio = IMX_GPIO_NR(1, 7),
.cd_gpio = IMX_GPIO_NR(4, 21),
.clk_gpio = IMX_GPIO_NR(1, 6),
.wp_type = ESDHC_WP_GPIO,
.cd_type = ESDHC_CD_GPIO,
.max_bus_width = 4,
.f_max = 52000000, # ←この値を小さくする
.support_vsel = false,
};

行いたいことは、無線LANの帯域制限では無く、SDIOのクロックを遅くしたい
という理解で良いでしょうか。

ryo_terashima

2019年8月27日 13時22分

寺島です。
> 溝渕です。

> Linuxカーネルソースの、"arch/arm/mach-imx/armadillo4x0_extif.c"を編集
> することで、最大SDクロックを制限することができます。
>
>
> static const struct esdhc_platform_data __maybe_unused
> armadillo4x0_esdhc2_pdata __initconst = {
> .wp_gpio = IMX_GPIO_NR(1, 7),
> .cd_gpio = IMX_GPIO_NR(4, 21),
> .clk_gpio = IMX_GPIO_NR(1, 6),
> .wp_type = ESDHC_WP_GPIO,
> .cd_type = ESDHC_CD_GPIO,
> .max_bus_width = 4,
> .f_max = 52000000, # ←この値を小さくする
> .support_vsel = false,
> };
>

情報ありがとうございます。
上記の方法で確認させていただきます。

> 行いたいことは、無線LANの帯域制限では無く、SDIOのクロックを遅くしたい
> という理解で良いでしょうか。

はい、その通りです。