Armadilloフォーラム

Armadillo-840mでのQtCreator3.2.0のインストールについて

nozaki-h

2020年7月14日 13時55分

お世話になっております。

Armadillo-840mのQMLデザイナーが使用できないですが,Qt Creatorを3.2.0を使用すれば回避できるとフォーラムを参考にして,記載されている手順でインストールを行いましたが,インストールできません。
wheezy-backportにQt Creatorの記載が無いようです。

どのようにすればQt Creator3.2.0がインストールできるでしょうか。

ご教授いただけると助かります。

お手数をかけますが宜しくお願いいたします。


コメント

at_ohsawa

2020年7月14日 14時06分

> wheezy-backportにQt Creatorの記載が無いようです。

wheezy-backportsは昨年archiveに移ったようです。リポジトリの
URLを http://archive.debian.org/debian/ に変えて実行してください。

nozaki-h

2020年7月14日 14時59分

> > wheezy-backportにQt Creatorの記載が無いようです。
>
> wheezy-backportsは昨年archiveに移ったようです。リポジトリの
> URLを http://archive.debian.org/debian/ に変えて実行してください。

回答ありがとうございました。

URLを変えて行ってみましたが,見つかりませんでした。

行った時の手順と結果ファイルを添付しますので,宜しくお願いいたします。

お手数をかけますが宜しくお願いいたします。
>

ファイル ファイルの説明
QtCreator_error.txt 手順と結果についてのテキストファイル

at_ohsawa

2020年7月14日 15時13分

ログを見る限りarchive.debian.orgのwheezy-backports ではなく wheezy をlistに書いていると思います。

下記の投稿を参照しているのであれば /etc/apt/sources.list.d/my.listに追記していると思いますが、
https://armadillo.atmark-techno.com/forum/armadillo/3071

以下の行を書いてください。

deb http://archive.debian.org/debian/ wheezy-backports main contrib non-free

nozaki-h

2020年7月15日 9時57分

> atmark@atde5:~$ sudo sh -c "echo deb http://archive.debian.org/debian/wheezy-backports main contrib non-free > /etc/apt/sources.list.d/my.list"
>
> debian/ とwheezy-backportsの間にスペースが必要です。

インストールすることができました。

Qt Creatorを起動した所,表記がすべて英語表記になり,Editで日本語が入力できない状態になってしまいました。
以前のバージョンで作成してプロジェクトファイルを読み,プロジェクトをArmadillo(armhf)に切り替えるとEditでプロジェクトファイル関係を開くことができません。
環境変数等を変更する必要があるのでしょうか。

ご教授いただけると助かります。

お手数をかけますが宜しくお願いいたします。

at_akihito.irie

2020年7月15日 18時18分

入江です。

> Qt Creatorを起動した所,表記がすべて英語表記になり,Editで日本語が入力できない状態になってしまいました。
当方でもATDE5にQt Creator 3.2.1をインストールしましたが、英語表記になることは確認できませんでした。
お手数ですがお客様のATDE5を一度初期化して再度お試しください。

日本語が入力できないことについては当方の環境でも確認できました。
日本語入力に関しましては別なエディタ等で作成したものをコピーアンドペーストすることで入力できますのでお試しください。

> 以前のバージョンで作成してプロジェクトファイルを読み,プロジェクトをArmadillo(armhf)に切り替えるとEditでプロジェクトファイル関係を開くことができません。
> 環境変数等を変更する必要があるのでしょうか。
こちらについても当方の環境で再現しました。
原因と対処法については現在調査中です。

以上、よろしくお願いいたします。

nozaki-h

2020年7月16日 7時45分

> 入江です。
>
> > Qt Creatorを起動した所,表記がすべて英語表記になり,Editで日本語が入力できない状態になってしまいました。
> 当方でもATDE5にQt Creator 3.2.1をインストールしましたが、英語表記になることは確認できませんでした。
> お手数ですがお客様のATDE5を一度初期化して再度お試しください。
>
> 日本語が入力できないことについては当方の環境でも確認できました。
> 日本語入力に関しましては別なエディタ等で作成したものをコピーアンドペーストすることで入力できますのでお試しください。
>
>
> > 以前のバージョンで作成してプロジェクトファイルを読み,プロジェクトをArmadillo(armhf)に切り替えるとEditでプロジェクトファイル関係を開くことができません。
> > 環境変数等を変更する必要があるのでしょうか。
> こちらについても当方の環境で再現しました。
> 原因と対処法については現在調査中です。
>
> 以上、よろしくお願いいたします。

入江 様
回答 ありがとうございました。

対処方法について,宜しくお願いいたします。
お手数をかけますが宜しくお願いいたします。

at_akihito.irie

2020年7月20日 18時30分

入江です。

> 以前のバージョンで作成してプロジェクトファイルを読み,プロジェクトをArmadillo(armhf)に切り替えるとEditでプロジェクトファイル関係を開くことができません。
この現象はQtCreatorのバージョンが上がる際に
qt5-mkspecs-linux-arm-gnueabihf-g++が削除されるため起こります。
無理矢理新しいQtCreatorを動かすので、下記の手順しか確認していませんが、
以下のコマンドを実行するとqt5-mkspecs-linux-arm-gnueabihf-g++が
インストールされ、Armadillo(armhf)でプロジェクトを開くことができます。


ATDE$ sudo apt-get remove qt5-qmake
ATDE$ sudo apt-get install qt5-mkspecs-linux-arm-gnueabihf-g++

また、この状態でQMLデザイナーを用いたQMLファイルの編集と保存は可能です
が、実行やデプロイを行うことはできません。
作成したQMLファイルをArmadillo上で実行する際は、お手数ですがscpなどの
方法でArmadillo上にQMLファイルを配置し、Armadillo上で以下のコマンドを
実行してください。


armdillo$ export QT_QPA_EGLFS_DISPLAY=1
armdillo$ export QT_QPA_EGLFS_WIDTH=800
armdillo$ export QT_QPA_EGLFS_HEIGHT=480
armdillo$ export QT_QPA_EGLFS_HIDECURSOR=1
armdillo$ ls [コピーしたqmlファイル]
[コピーしたqmlファイル]

armdillo$ qmlscene ./[コピーしたqmlファイル]

nozaki-h

2020年7月21日 10時27分

> 入江です。
>
> > 以前のバージョンで作成してプロジェクトファイルを読み,プロジェクトをArmadillo(armhf)に切り替えるとEditでプロジェクトファイル関係を開くことができません。
> この現象はQtCreatorのバージョンが上がる際に
> qt5-mkspecs-linux-arm-gnueabihf-g++が削除されるため起こります。
> 無理矢理新しいQtCreatorを動かすので、下記の手順しか確認していませんが、
> 以下のコマンドを実行するとqt5-mkspecs-linux-arm-gnueabihf-g++が
> インストールされ、Armadillo(armhf)でプロジェクトを開くことができます。
>
>
> ATDE$ sudo apt-get remove qt5-qmake
> ATDE$ sudo apt-get install qt5-mkspecs-linux-arm-gnueabihf-g++
>

>
> また、この状態でQMLデザイナーを用いたQMLファイルの編集と保存は可能です
> が、実行やデプロイを行うことはできません。
> 作成したQMLファイルをArmadillo上で実行する際は、お手数ですがscpなどの
> 方法でArmadillo上にQMLファイルを配置し、Armadillo上で以下のコマンドを
> 実行してください。
>
>
> armdillo$ export QT_QPA_EGLFS_DISPLAY=1
> armdillo$ export QT_QPA_EGLFS_WIDTH=800
> armdillo$ export QT_QPA_EGLFS_HEIGHT=480
> armdillo$ export QT_QPA_EGLFS_HIDECURSOR=1
> armdillo$ ls [コピーしたqmlファイル]
> [コピーしたqmlファイル]
>
> armdillo$ qmlscene ./[コピーしたqmlファイル]
>

入江 様

対応ありがとうございました。

お手数をお掛けしました。